H2 メニュー

トップ>お客様の声> お客様インタビュー
H2 メニュー

家づくりの具体的なプランをお持ちのM様。その想いはプロ顔負けの図面に表れていました。回られたハウスメーカーは実に100社以上。どのようなポイントを重視して家づくりを進められたかを中心にお伺いしました。

◆弊社で建てようと思われた決め手はなんだったのでしょうか

品質が総合的にハイレベルであり、かつコストも明確でリーズナブル。
構造的な強度、使用する部材は高品質、断熱性能、暮らしやすさを第一に考えた設計など、あらゆる側面で納得のできるものでした。ハウスメーカーを選定する際にもちろん予算の制約はありましたが、必要な機能を絞り込んでいった結果、時が経っても家族が安心して暮らせるように長期優良住宅の仕様を満たしつつ、さらにそれ以上のものを提供してくれるハウスメーカーを選びたいと大きいところから小さいところまで全て含めると100社以上へコンタクトさせていただきました。

その中で、なかなか決め手が見つからなかったのですが、幸運にも木育の家のホームページを見る機会があり、横浜という立地から片道2時間弱と少々遠いのですが、思い切って訪ねました。そこで、店長と設計士の方にお会いさせていただき、家を建てる際の考え方や自身で作成した図面などをお見せしました。

その際に、自然素材の良さを知り、そういった自然素材を使った家でも、十分予算内で仕上げることができることを知り数々の打ち合わせをさせていただきました。

神奈川県平塚市 M様

契約までの打ち合わせの初期は、自己作成の図面をどこまで実際の図面に落とせるかという設計士様への依頼でした。私は設計のプロではありませんが、自分の家に対する思いは強かったので、自分で図面を作成し、それ以前にも他社のハウスメーカーとの打ち合わせも実施しておりました。その際に「なかなか思い通りの家を作ってくれない」メーカーが多い中、木育の家は違うスタンスで対応していただきました。私の図面を尊重し、プロの目線からこちらの期待を超える提案をいくつも頂くことができました。

次に、そのうえでコストパフォーマンスという観点からいくつもの難題をぶつけさせていただきました。機能強化など仕様は決して安いものではないのですが、削れるところと、加えるところを突き詰めていきました。壁紙の塗装をしない、形状を総二階にする、2階リビングはワンフロアで壁が無い、などの削減をした一方、フローリングの厚みを増やし、窓の種類まで細かく調整をさせていただきました。これらが、すべて明確な金額で示され、コストも予算内に収まることが見通せる状態になったために契約の決心がつきました。

住宅は一流メーカーだと安心だと言いますが、私の体験では決してそうではなく、自分の目で確認して交渉を重ね、納得して契約をすることが大事だと思います。一生モノの家を委ねられる相手(メーカー)を見つけることができた幸運と、数多くの要望に応えていただいた木育の家の皆様に多大なる感謝をさせていただきたいと思います。

神奈川県平塚市 m様

◆なぜ自然素材で建築しようと思われたのでしょうか

当初は自然素材で建築しようという意識は高くありませんでした。
最初の要望は、集成材でなくしっかりした無垢の柱で建てたいというものでした。しかし、無垢の柱になるとコストも上がりますので、メーカーによっては3寸5分の柱で良いか、という中で、木育の家は4寸を標準とし、かつ懐にも優しいものでした。
そして、調湿効果がある壁紙や、冬でも素足で歩いてもそこまで寒くないフローリングなど、様々なメリットがあることを知りました。
結論として、アレルギーなどのシックハウス対策にとどまらない、自然素材で高機能な住宅が実現できると考えたことが自然素材で建築しようと考えた理由です。

◆実際の住み心地はいかがでしょうか

実際の住み心地には大満足です。
中でもお気に入りなのは、家全体に敷詰められたココアブラウンの無垢床です。いつもは無口な現場監督の平田さんが、「僕この床大好きなんですよね。」と引渡しの時にしみじみと語ってくださいました。大事に住んでいこう!!と強く思った印象深いお言葉でもあります。温もりのある無垢床の優しい木肌を感じながら、我が家の裸足生活は日々快適です。

さらに、広いキッチンやシューズインクローゼットなどの機能的な要素にも満足していますが、2人の子供たちがそれぞれ自分の部屋を楽しそうに飾り付けている様子には大きな充実感を覚えます。これからの家族の成長を見守ってくれる優しい家になりました。大切にしていこうと思います。

現場監督・平田からひと言

そうです。大好きなんです、赤松の床。
暖かみや、やさしい肌触りはもちろんこの床材の最大のセールスポイントです。
でも、それだけではなくてその佇まいといいますか、物としての有り様というのが決して贅沢品ではないというところが。 例えば、節が一切無くて木目もピシッと通っているようなものも無垢材の極としてあります。 でも、それは浮世離れした一部の人の嗜好品であって私共の目指すところでは無いと思うんです。 赤松の床は、生活者の為のスタンダード品だと思うんです。
多少よごれても、染みができてもささくれても、削ればいいんです。30mmもあるんですから。 年を経るごと、ヘコミは増えるけれどいい艶が出てきて愛着がわいてくる。 そんな材料なんです。
M様。 ぜひぜひ、末永くお付き合いの程よろしくお願いします。

設計担当・野口からひと言

M様から弊社に問い合わせがあった時には建築される土地も決まっておりました。
建築される土地は西側道路で土地の形状が東西に長い5角形と特異な形をしている事と日辺りを重視したい南側の隣地が2m近く土地が高くなっており一筋縄ではいかない土地でした。
しかしM様はとても素敵なアイディアを持ってご自身で理想とする家の間取りを立面と共に図面を引いてこられました。
その間取りをみて驚きました。一般の方ですと、階段の位置が1階と2階でズレていたりスケールがあっていなかったりなのですが、M様は完璧であとは私の方で法規的な部分を調整した位です。
その間取りは東西に長い5角形の空きスペースにはクローゼットやトイレなどを配置して無駄なスペースが出ないようにしました。
日当たりは2階リビングなのですが1階から2階に上がる階段は大きな窓越にスケルトンの階段を設置し階段ホールが暗くならないように、又2階のリビングは廊下を造らないワンフロアで廊下などまったくつくらず家族の気配が感じられる開放的なリビングでとても素晴らしい発想だと思いました。
こんな大胆なプランが可能なのも弊社のハイスペックな断熱や構造だからではないでしょうかね。
そして内装の床や柱や梁・ドアは落ち着いたココア色ですがリビングは勾配天井の為 天井の高さがあり狭さを感じる事はなくむしろ奥行き感を感じます。

今回はM様の間取りを基に建築しましたが私はお客様の考えたプランは尊重したいと思っています。もちろんメリット・デメリットはお伝えし、改善した方が良い箇所はお話をしながら進めてアイディアを出して一緒にすすめていきたいと思います。
だって、やっぱりそれは設計って楽しくて自分で考えたプランが形となるのはとてつもなくワクワクする瞬間で、それを感じて頂き愛着を持って末永く過ごして頂きたいと私は思います。

神奈川県平塚市 m様
神奈川県平塚市 M様
  • H2 メニュー
  • H2 メニュー
H2 メニュー
スタッフ紹介
H2 メニュー
H2 メニュー
モクモクパーク