赤松フローリング 同じ無垢材でも違いがあります

今日はフローリングについてお話したいと思います!

まず、家の中で一番素肌に触れる割合が高いのはどこだと思いますか?

それはもちろん床ですよね。

スリッパで生活する方もいますが、日本は素足の文化!

家の中では素足でくつろぎたいものです。

床を無垢材で造るのと新建材で造るのとでは大きな差があります。

 

私たち「木育の家」が使用している床材は「赤松」です。

ただの「赤松」の床材ではありません!

含水率5%以下の厚み3cmの床材です。

ショールームももちろん赤松のフローリングを使用しています。

こちらをご覧ください。

 

 

フローリング1枚1枚の間隙間無く、飴色できれいですね。

 

乾燥させた材は狂いが起きにくいのです。

これが含水率の高いものだとどうなるのでしょうか?

今回は事務所内の床ともくもくパークの床で今回比べてみました。

両方とも「ドライランバー」は使用していない「無垢材」です。

では、事務所内の床から行きましょう!

床は「ヒバ」で厚さは15mmのものを使用しています。

よ~くごらんください!

 

溝の幅が不ぞろいなのがわかりますか?

施工時に含水率が高かかった為でしょう。年月が経ち、木が乾燥し、収縮してしまった結果です…

溝が広がっています(ノД`)・゜・。

次はモクモクパークの床材を見てみましょう。

ここモクモクパークでは床材を二種類使用しています。

 

 

階段上のフロアは「杉」を使用し、 下のフロアはショールームと同じ「赤松」です!

では!「杉」の床の部分を見てみましょう(´艸`)

更にズーム!

やはりこちらの床材も継ぎ目が広がり溝になっていますね。

以上の事から無垢材を使用する際は、含水率に注意が必要なことがわかります。

「木育の家」ではそういった実験や実証により、お客様が長く快適に過ごせる住宅を提供すべく、使用する素材ひとつひとつにこだわりを持っています!

同じ「無垢材」と称されているものでも、種類や条件で大きく変わってきます。

そういった木材の特性等を知り、考慮した「木遣い」が重要なのです。

 

 

30mm赤松無垢フローリングを体感できます!!

お気軽にショールームにお越しくださいね!!

 

 

こちらも併せてどうぞBlog『床暖房はいらない!!厚さ3cmのフローリング⁉』

 

 

おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

ショールーム見学予約・資料請求・ご相談は こちら まで

 

木育の家は、神奈川県相模原にある自然素材にこだわった工務店です
(運営:リビングスタイル株式会社)
からだに優しく、暮らしやすい家づくりをしています

木育の家