絶好の地鎮祭日和となりました。平田です。

IMG_1759s

鎌倉で建築されるK様邸の地鎮祭をとり行いました。

宮司様は、K様たってのご希望でなんと! 鶴岡八幡宮から来ていただきました。

びっくりマークを付けるほどのことか、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そのご希望を聞いたときに

「そんなに大きな神社さまが果たして個人の住宅、それも木造2階建ての地鎮祭なんかに来てもらえるのだろうか?」

と思ってしまったので、やっぱり「!」です。

そして、ごくごく普通でした。あたりまえかもですけど。

なんか、あまりにビックネームな神社なのでかなりびびってました。

祭壇の道具なんかを運ぶ関係で、八幡宮のなかに車で入る、という貴重な体験ができたのはよかったです。

参拝客がたくさん歩いていてものすごく走りにくかったです。あたりまえ(以下略)。

変わっていたのは、式の最後に受け取る鎮物(しずめもの)。

これは、お守りとして基礎の下に埋めておくもので、よくあるのは桐の箱にのし紙がかけてあるものなんですけど、八幡宮のものはこんなでした。

IMG_1766s

 

杯を2枚貝のように合わせて鉋の削り華で結んであり、かなりの達筆で方位が記されています。

私は初めて見ましたがけっこうカッコイイ。ちょっとおみやげに欲しいくらい。

方位除けなんかも兼ねていたりするのでしょうかねえ?

 

さあ、地鎮祭も終わったしいよいよ工事かぁ! とはいかないで市役所との協議が残っているのでした。

ゆっくりとですけど、一つずつ解決して進んでますので、「真壁の気まま仕様住宅」という変り種の住宅をぜひ、お楽しみに。

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家づくりをする「木育の家」(もくいくのいえ)の現場スタッフが、家を建てるためのアドバイスや、現場の進捗状況をお届けします。