こんにちは!!
すっかり春めき、暖かい季節となりました。
良いお天気が続き、お弁当を持ってピクニック~☆
今週は桜の木の下でお花見する人たちが多そうですね!!

お待たせしました。。。
先日お伝えした相模原市O様邸の第二段です。(第一弾はこちら☆)

 

リビング、水廻りは2階のO様邸。

1階部分は主寝室、子供部屋、広~いウォークインクローゼットがあります。

 

玄関を入り、2階に上がる階段の手前には洗面スペースを設けました。

子供たちが、自分達のお部屋やリビングに入る前に手洗いうがいができるように。

木のカウンターと、真っ白な陶器のボウルで造作しました。味のある珪藻土の壁とあいまって

とてもナチュラルな優しい雰囲気のコーナーになりました。

 

こちらは子供部屋。無垢のフローリングに、無垢のルーバークローゼット扉が自然のあたたかい雰囲気を

演出してくれています。そしてそして!!よーく見ると、クローゼットの中は桐仕上げ!!

桐材のよさは以前にご紹介している通り、防虫防カビに優れ、大切な衣類を守ってくれます。

O様邸のクローゼットはすべて桐材仕上げです。

 

こちらは広~いウォークインクローゼットの奥の収納部分。桐材の大きな棚を腰の高さにつけたことで、

更に収納しやすくなっています。

 

 

床、壁、その他しつらいを自然素材にこだわったO様邸。

もちろん使い勝手を考えた無駄のない間取り。

これだけ整うと、家から出たくなくなる程の心地よさが生まれそうです。

 

奥様がおっしゃっていました。

この家に住んでから、人を招く事が楽しくなったと。

見てみて~と自慢したくなるおうちだと。

 

嬉しいお言葉です。(涙)

これからもそんなおうち造りのお手伝いができるように、

スタッフ一同頑張って参ります^^

 

—takehitra—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^
今日は昨年無事お引渡しが終わりました相模原市O様邸のご紹介です。

O様はご夫婦とお子様2人のご家族です。

実はO様は他社で建てられるご予定でした。すでに契約も済んでいて。。。

設計打合せを重ね最終的に提示された金額と弊社無垢材の家の金額と変わらない事が分かり、

それなら自然素材で建てられる木育の家がいい!!と再度訪ねてきて下さったのです。

それはそれは嬉しかったのを覚えています^^

ただ、それまでお住まいだったマンションの売却日時が決まっていたので、急いで進めなければなりませんでした。

急ピッチで手続きや設計、建築を進め・・・

 

そして完成しました!!自然素材をふんだんに使った木の香り漂う素敵なおうちです。

2階リビング、勾配天井玄関から居室、水廻りまで、すべての壁が珪藻土仕上げなんです。

左官職人技で、少し模様が入っていてすごく味わいがあります。

真っ白な珪藻土の壁と床や梁に使った木の色が優しい雰囲気の空間を作っています。

 

 

リビングからキッチンの方を観た景色。

 

 

キッチンから見たリビング。

 

 

キッチンの上は広~いロフト。

 

 

 

こちらのロフト、収納はもちろん秘密基地にもなりそうなワクワク空間なんです。

もちろんロフトの床も赤松無垢のフローリング。

 

 

そしてリビング奥の扉を開けるとそこははなんとも羨ましい家事室。この奥にはお風呂があるのですが、、、

あれ?洗面台は?

・・・実は洗面台は別の場所に設けてあり、こちらはお洗濯やアイロン専用の家事室となっています。

こちらから直接ベランダにも出れるので、洗濯→干す→取り込む→アイロン とお洗濯に関するストレスが

なくなる女性設計士ならではの主婦目線な設計です。

 

 

こちらが別に設けた洗面スペース。その奥は可動棚収納になっています。やはり収納が多いのは嬉しいですよね。

棚を付けただけの簡単な収納ですが上から下まで余すところ無く有効活用できるので収納力抜群です。

また、後でサイズを測って収納家具を探して・・・(意外と大変ですよね^^;)の手間がなくなります。

ぴったりキレイに収まる収納が最初からあるのは嬉しい設計かな思います。

そして細かいところですが、その棚が15cm程奥まっているのがわかるでしょうか。

この15cmが収納のごちゃごちゃ感を見えにくくする工夫でもあります。

ちょっとしたことで違う見え方や家事動線。経験のある女性設計士だからこそできるの提案かと思います。

 

今回は主に2階リビング部分のご紹介でした。

次回は1階部分のこだわりをご紹介したいと思います^^

お楽しみに☆

 

—takehira—

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今 完成見学受付中の相模原の自然素材の家に『うんてい』を設置しました。

昨年 リオオリンピックに出場した競泳選手 池江璃花子さんが幼少の時に『うんてい』を

やられていた事で話題になりましたよね!

『うんてい』は自分の体重を腕で支え、交互に腕をだして体を前進させる運動は、

脳を刺激し知性を伸ばすとても良い方法だそうですよ!!

 

ちなみにこちらの『うんてい』は弊社 無垢の家に合うよう

熊本にある木育工房さんに木製で製作して頂きました。

ご協力頂きありがとうございます。

 

完成見学会は残り 2月17日(土) 2月18日(日)のみとなります。

是非この機会にご予約お待ちしております。

詳しくはこちらをみて下さいね。↓↓↓↓↓

『まずは見てください!相模原にて自然素材の家完成見学会やります。』

 

Noguchi

 

 

こんにちは^^
久しぶりの投稿となってしまいました^^;インテリアの竹平です。今年もよろしくお願い致します。

 

我が家1月は子供達の学級閉鎖や、先日の大雪の影響で、”家じかん”を多く過ごしておりました。

 

冬は、暖かい家の中でほっこりのんびり過ごすそんな時間が好きです。

 

そしてそれはまさに’Hygge'(ヒュッゲ)な暮らしだなあと思いながら過ごしておりました。

 

みなさんは ’Hygge’ という言葉ご存知ですか?

 

デンマーク語で『居心地がいい時間や空間』という意味があります。

 

デンマークは世界でもトップクラスに幸福度が高い国といわれています。

 

福祉が充実しているのもそうですが、なによりデンマークの人達がHyggeを大切にしているからと言えるのではと思います。

 

例えば

 

暮らしの中で自然を感じる。。。

親しい人との時間を大事にする。。。

家での時間を充実させる。。。

居心地の良い空間で時間を過ごす。。。

 

実は私がこの言葉に出会ったのは、昨年、新しい家のプラン BASIS のコンセプトを考えている時でした。

 

まさに木育の家が家造りを通して皆様にそうあって欲しいと願う想いに似ていました。

 

自分達にとって家を一番居心地の良い空間にすること、そんな家造りのお手伝いができればという風に思っています。

 

お客様がどんなものが好きなのか、現状で不便に思っている事はないのか、打合せの中でお聞きし、そして提案させて頂いております。

 

木育の家が提案するモノ、発信するモノが、皆様にとって Hygge  でありますように。。。

 

 

 

—takehira—

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

本日で弊社『木育の家』は仕事納めです。

 

年末にいつも感じるのが、一年がとても早く感じます。

 

それは何故なんですかね。

 

大人になると時間が経つのが早く感じるらしいです。

 

子供でも大人でも1分・1時間・1日は同じなのに・・・

 

~~~以下の文章はネットを引用します。~~~

【それは同じ時間でも多くの出来事が起こったときの方が、

出来事が少なかったときよりも、時間を長く感じる為らしい・・・

全く同じ時間でもその間に経験する出来事が多ければ多いほど、

その時間が長く感じるということは、科学的に証明されている事実なのである】

らしい・・・ですが

 

私には1日にすべき事が・・・いや1週間でやりたい事が多すぎて

 

時間が足りなくて、1週間・1ヶ月・1年が早く感じるような気がします。

 

『時間の流れが早い』と感じるのは『新しい事に挑戦していない』というサイン

 

らしいので、来年はそのやりたい事を実現させて充実した1年に出来たらと

 

思います。

 

来年も宜しくお願い致します。

 

noguchi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日 晴天の中H様邸にて大工体験会が盛大に開かれました!

ご自分たちの家づくりを大工さんと一緒に体験していただこうという催しです。

今回は壁下地の石こうボードを張る体験をしていただきました。

H様が手に持っている銃のような形の高圧ビス打ち機で、石こうボードをとめていきます。

コツをつかむまでは力の加減が難しくて、ビスが締まりきらなかったり、浮いてしまったり・・・

心配そうに見つめるお子様たち・・・

 

H様も 奥様も お父様も お子さんも 大工さんになっています。

 

本日の作業による不具合は、ご自分たちの責任ですよ!なんて、冗談を言う大工さんは、

最後にビスの抜けなどをちゃんと確認して施工していました。

軽々と材料を持ち上げ、手早く作業をする大工さんですが、実は、石こうボードは重たくて、

天井を張るときは、壁よりも難しい!H様邸をひとりで作っている大工さんの作業を行ってみて、

家づくりの細やかさを実感していただけたのではないかと思います。

 

体験会の終わりは、みかんの木の下で、用意してくださったお茶菓子をみんなでいただきました。

こちらのテーブル、なんと、お父様の手作り!なんですよ。とても素敵です。

いい笑顔の写真が撮れました。

おうちができあがったらお父さまの手作りテーブルを囲んでバーベキューをするそうです。

本日はお疲れ様でした。

今野

 

木育の家では、家づくりを楽しんでおこなっています。

興味をもたれましたら、ぜひ、木育の家ショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

関連記事:

相模原市で建築中の二世帯住宅☆現場進捗です!

5760本使用?1枚1枚丁寧に貼る無垢床材だから!!

相模原で建築中のH様邸。上棟から一週間の現場に行って来ました!

 相模原 天然無垢材の家 2世帯同居の大きなH様邸上棟しました!

晴天のもと地鎮祭!相模原市H様邸 建替えを機に同居

解体現場にて打合せ!建替えだけど思い出は残したい。

解体工事第1弾完了!思い入れのある工房の解体

解体工事完了!35年間の思い出

 

 

 

 

 

 

こんにちは

突然ですが 『家がほしいなぁ~』と、思ったらどうしますか?

①不動産会社に行く

土地の紹介はしてくれるけど、はたしてその土地で希望の間取りが入るか分りません。

②住宅展示場に行く

間取りだけ先行して、はたしてその間取りで建てられる土地が予算内であるのだろうか

③銀行に行く

借り入れ金額は分かったけど、土地や建物の相談は出来ません。

 

上記の3通りを思い浮かぶかなーと思いますが

それが1箇所にまとまってなんでも相談できたら、時間と手間がはぶけませんか?

木育の家は家を建てるだけではなく、土地探しと一緒に間取りのご提案

資金計算のシュミレーションも対応出来ます。

只今 こちらのお客様にて間取りを何パターンかでご提案中

 

土地探しからももちろん大丈夫!!

新築・リフォームでご検討でしたら、是非『木育の家』でご相談してみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

noguchi

 

 

 

 

 

昨日・今日と寒いですね。

11月ってこんなに寒かったかなーとスタッフに確認してしまいます。

でも もっとこんな寒い中がんばって頂いているのが 弊社建築中現場の大工さんです。

只今 ひたすら床材を貼っています。

無垢床材のお話をする前に一般で使用されている複合フローリングをご存知ですか?

複合フローリングとは1枚が約300×1800(㎜)の大きさで3枚~4枚に構成されたものです。

    

一定の品質も確保出来るし正直施工も簡単です。

しかし弊社自慢の赤松無垢床材約120×3600(㎜)を大工さんが1枚1枚丁寧に貼っていきます

   

(上の写真は新潟から床材が届いて現場に搬入された写真)

しかも体育館のように真四角ならば、ひたすら貼っていけば良いのですが・・・

住宅の場合は壁等が有り入り組んでいるのでその都度ノミやカンナなどを使って合わせていきます。

丸太があるとその曲線に合わせてカットするのが大変なんです。

又、無垢材なので製品自体が真っ直ぐではないので、調整しながら貼ります。

そしてそれに必要なビスが長さ65㎜で約5760本打ち込んでいきます。

いつも 現場からは苦労話しが耐えないですが

それでもやっぱりこの無垢材だけは使用したいです!!

そんな大工さんですが 私は聞いた事があります!!

『木育の家は仕事のしがい』があると、言ってました。

大変だけど拘りたい事は大切にしたいと思っています。

スタッフ一同 家造りに全面的にバックアップいたしますので ご連絡お待ちしてます。

noguti

 

 

 

 

 

 

最近は、朝晩だいぶ冷え込んできましたが、日中は秋晴れで清々しい日が続きます。

本日も穏やかな晴天です。

こんな天気の良い日には洗濯物を物干し竿いっぱいに干して、

カラッと乾かし、お布団もふかふかになるとうれしいですね。

洗濯は毎日のことですから、干す場所って、大事です。

b8e3ebdda94592e3705450c1147723d2_t[1]

でも、いつもお日様が顔を出してくれるとは限りません。

雨続きで洗濯物が部屋を占領!

そんなときに限って、雨に濡れたり、泥がはねたり、洗濯物が増えていき、

気分もどんよりしがちです。

なので、家の中にも、洗濯物を干す場所があると便利ですよね。

IMG_2642

こちらの木育のお客さまは、壁付けのワイヤーを室内に設置。

必要なときだけワイヤーを伸ばして干すだけのシンプルで主張しすぎないこちらの商品、

こんなに干してもワイヤーがたわんでいません。

日中外出する時も、南側の窓越しに日が入り、室内でも充分乾きます。おススメです!

また、洗って、干して、乾いたら取り込んで、たたんで、仕舞う。

この一連の流れがスムーズにできて、作業スペースがあれば、もっと便利!

IMG_3570

こちらは、洗濯機の横にアイロン掛けスペースと、奥には収納棚とバルコニーにつながる扉があります。

天井から竿を吊るすことも出来るようになっていますので、天候にかかわらず、鼻歌を歌って作業ができそうです!

木育の家では、紙クロスや、赤松無垢の床など化学製品でコーティングされていない自然素材の材料を使っているため、

調湿効果があり、室内に洗濯物を干しても乾きが早く、生乾きの匂いもあまりしません。

 

日々の生活を楽しく、ストレスフリーな木育の家。

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育の家ショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

関連記事:

2階リビングの最大のメリットをご存知ですか?間取りプランのご提案②

家造りで分からない事は主婦目線の女性設計士のおまかせ下さい。

風 通しには配慮して設計してます。

 

今野

 

 

 

先日 久しぶりに実家に行きました。

私の実家は両親と私の姉夫婦 そして子供達3人が賑やかにが住んでいます。

ふと 気がついた事がありまして、いつも『普通』に見ていた光景でしたが

みんなで夕飯を終えた後 姪っ子・甥っ子が『普通』にリビング脇にあるカウンターで

勉強をしていました。

これは自主的???と思いきや 姉が子供達にリビングで勉強するようお願いしたようです。

その理由を聞いてみると・・・

①自分の部屋には興味のあるものがたくさんあって集中できないから!

(漫画など読んでしまうからですね・・・)

②リビングにはTVの音や生活音・会話している声などがたくさんあるから集中力が増す!

(人間は音がないほうが、不自然で反対に集中が出来ないようです。実際に私も

仕事をする時は必ずラジオをつけております)

③東大に合格した人が多い!

(この話は私もTV等で聞いた事があります。)

上記のようなお話はお客様からも『当たり前』のように聞いた事があります。

でも デメリット もあります。

それはリビングが片付かない事ですね。

教科書やら勉強道具・カバンなど放置されると、リビングが散らかる原因です。

その為には勉強が出来る環境 カウンターや棚を設ける事をおススメします。

弊社でもたくさんのお客様が リビングにカウンターを設置しています。

一部ではありますが ご紹介しますね。

IMG_1839-1

こちらは先日ご紹介したばかりの『勾配天井の2階リビングに見晴し台があるお家』です。

リビングから小上がりになった場所に設けたカウンターです。

IMG_3448

少しだけリビングと区切る為に設けた木の格子がステキに仕上がったカウンターです。

こちらのブログも是非見てくださいね。

『完成!通り抜ける風が心地よい、天然無垢で和も洋も似合うおうち。八王子市 E様邸①』

IMG_2623

和な雰囲気に仕上がった畳でのリビングカウンターです。横には本棚を設置

完成写真 『障子と赤松無垢板が調和する家』

IMG_3625

こちらはキッチン近くにカウンターを設置した為、お母さんが料理しながらでも

お子さんと会話が出来そうです。

いろいろ ご紹介しましたが

もちろん 子供の学習コーナーだけではなく ご夫婦のパソコンコーナーとしても使えますからね

これからも たくさんご提案したいと思いますので

是非 ご新築・リフォームでご検討でしたら木育の家にお越し下さいね。

Noguchi

 

 

 

 

 

アーカイブ

このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。