素材の話

8月になりましたね。台風の進路が気になり、天気予報ばかりチェックしてしまいます^^;

 

湿気が多い日本の夏。そんな暑いこの季節だからこそ、ぜひ木育の家ショールームに立ち寄り

無垢の木の家”の心地よさを体感していただきたいなぁと思っています。

 

 

無垢の木の調湿はとても優れていて、それはショールームに一歩入った瞬間からその空気を感じていただけると思います。

そしてぜひ裸足で!!歩いてみて下さい。フローリングに使っている赤松の無垢板はとても柔らかく、サラッとしていて肌ざわりが良いので、靴下やスリッパを履いて過ごすなんてもったいない!と体感して頂けるかと。

170709-033

こちらの写真はちょうど昨年の夏、木育の家で建てた我が家です。スリッパもカーペットもありません。子供たちは裸足でかけ回り、寝転びながら遊んでいます。

冷え性の私自身も、真冬以外は裸足で過ごしているんですよ~。

 

 

そしてショールームは今、のインテリアです。

↓涼しげな ブルー” と ”ガラス” で夏を演出してみました。

IMG_2054

 

↓こちらは ”麦わら帽子” と ”グリーン” で作った リース。

IMG_1545

 

子供たちが夏休みで、”家族でのおうちじかん” が長いので、少しでも涼を感じられるように、こんなインテリアはいかがでしょうか。

 

 

そんなアイデアも盛り込んでショールーム作りをしています。

ぜひぜひ、2017.夏.の木育のショールームへお越しくださいませ。

 

—Takehira—

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^インテリアの竹平です。

今日は先日行ったTOTOのお風呂工場の見学&研修会の模様をご紹介したいと思います。

TOTOのお風呂工場は千葉県佐倉市にあります。TOTOと言えば、業界初の機密性の高いユニットバスの開発で有名です。

それまでは壁と床がタイル、埋め込み式の浴槽(皆さんの記憶にある、あの昭和のお風呂です!)が普通でした。

1964年の東京オリンピックに伴い、ホテル建設ラッシュにユニットバスの需要が高まり、それが集合住宅や戸建住宅にも多く使われるようになりました。

IMG_1868 IMG_1920

 

TOTOこだわりの ’お掃除ラクラクほっカラリ床’ の開発秘話や商品の細かな仕様、こだわりのお話を聞いた後は

大きな工場のラインを一時間程見学しました。その中にあった、風呂釜をプレスして作る大きな大きな40年選手の機械と工程には圧倒されました!!

その部分は熱気で更に暑く、私達は冷たいお絞りを手に見学しましたが、もちろんその中には作業する従業員さん達が・・・

最後はやはり人の手なんだなあと、TOTOのものづくりへのこだわりを感じました。

 

IMG_1917 IMG_1904

 

その後は体験入浴!木育の家でも標準仕様のユニットバス ”サザナ” にジェットバスやら間接照明やらオーバーヘッドシャワーやらテレビやら!!

オプションがたくさんついていたので、いろんなスイッチを押しては試し。

そしてテンションあがる体験入浴を楽しんで会場に戻ると 炭酸飲料が~^0^

粋な計らいに気分があがりましたー!!

 

TOTO商品のいい所をたくさん見て聞いて、これからもお客様により良いものを提案できるように、日々勉強だなあと感じた一日でした。

 

 

モデルルーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

最高品質の天然無垢材を使った木造住宅、自然素材住宅の新築・リフォーム。

神奈川県大和市、町田市、相模原市を中心に建築・設計「夢ハウス相模原」

相模原 木育の家

TEL0120-091-944

受付10時~19時 水曜定休

 

 

こんにちは^^ 今回はお客様よりよくご質問を頂く、和紙クロスの補修方法についてお話したいと思います。

木育の家では、熊本にある【茶屋の本工房】が作っているアイウォールという”い草壁紙”を使用しています。

吸湿、消臭に大変優れた自然素材のアイウォール。ただビニールクロスと違い、汚れがついたときにふき取ることが出来ません。

気になる汚れがついてしまった時は、基本的にはその一面を大きく重ね貼りします。しかしそこまでの汚れではない、”ちょこっと汚れ”。例えば、ダイニングテーブルが接している面にお醤油がピっと飛んでしまったり、

コーヒーが飛んでしまったり。お子様の思わぬいたずら書き(: ;)!など。 そんな時の補修方法をご紹介したいと思います。

 

今回は食用油、コーヒー、しょう油、油性マジック、油性ボールペン、色えんぴつで試してみたいと思います。

油性ボールペンと色えんぴつは普通の消しゴムで力を入れずにこすっていくと、きれいに消えることがわかりました。

その他は、やはり汚れの上からの部分重ね貼りが一番効果的ではないかと思います。

和紙 実験2

↑これはアイウォールを剥がしたものです。アイウォールは和紙を3枚重ね、その間にい草のチップを挟んで圧着するという工程で作られているので、すこーし爪を立てるとこのように剥がす事が出来ます。何枚か試しましたが、大体一番上の薄い和紙(①)と2枚分の厚い和紙(②)に分かれます。

↓その薄い和紙(①)を使います。こんな風に周りがモサモサっと繊維が出るようにちぎります。これを汚れの上によくある普通の水のりで貼っていきます。

IMG_0990

 

コツは一枚目は汚れが隠れるくらいのギリギリの大きさにちぎって貼り、二枚目はそれより一回り大きく、三枚目は更にもう一回り大きく・・・

という感じで、輪郭が常に一枚になるように、汚れが目立たなくなるまで重ねて貼っていきます。

和紙 実験5 和紙 実験6

そのままのアイウォールを指でちぎって貼ったり、はさみで切って貼ったりと色々試してみましたが、やはり’薄く剥いだもの重ね貼り’が一番馴染み目立ちにくくなるのかなあと思います。

個人的には、あえてはさみで好きな形に切って貼るのも好きですが^^

 

その他にも、オガファーザー、ルナファーザーという再生紙を使った自然素材の壁紙もございます。ビニールクロスとの違いをぜひ体感しにショールームへいらっしゃいませんか?

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

竹平

 

 

 

 

現在リフォームをさせて頂いておりますK様邸にて ’Kペイント’ を塗って参りました。

K様邸は1階のリビング中心にリフォーム中のお家です。

壁も天井もすべて無垢の羽目板仕上げ。玄関とキッチン背面はこだわりのタイルが貼られた

素敵な仕上がりです。

こちらの様子はまた詳しくご紹介させて頂きますね。

今回は、2階へ続く階段の壁から2階部、壁への施工です。

木育の家では ’Kペイント’ という塗料をよく使います。

珪藻土を主原料としたこの ’Kペイント’ は調湿、消臭に優れているばかりでなく、

有害物質を直ちに吸着分解し、半永久的に低減できる世界で唯一の塗料なんです。

スゴイんです!!

IMG_0515

また、嫌なにおいが全くなく、良くのび塗りむらも少ないので塗装経験の少ない方や、

もちろんお子様でもお気軽に使用して頂けます。

ですので、お家を建てた記念、リフォーム記念のイベントとして、

ご家族でわいわい塗られることをおススメしていますョ!

IMG_0506  IMG_0507

今回は、K様ご夫婦がタイル貼りをしていた為、staffで塗装をして参りました。

高い所はもちろん ’店長下小路’ の出番です。はしごをかけて、足場を組んで、養生をして・・・

IMG_0499

スイッチやコンセント周りは小さなハケで。全体は二度塗りです。

10年ほど経った壁紙が真っ白な新築同様の壁に生まれ変わりましたっ!!

自然素材の壁になっての感想を、またK様にお伺いしましたらご紹介しますね。

普段はデスクワークの多い私たちの、息抜きになった一日でした。

 

こんにちは。山﨑です。
今回は木の乾燥について書きたいと思います。
皆さんは、木は、なぜ腐るのか知っていますか?
木材には、『木材腐朽菌』という菌が存在し、木材を腐らせることに関係しています。

『木材腐朽菌』は、その菌が腐食した木材の外観から褐色腐食菌白色腐食菌に分けられています。
木造住宅や外構などの木造建築物を腐らせる腐朽菌はどのような種類があるのでしょう。
これまでの記録をまとめると大部分が褐色腐朽菌です。

これは、木造建築物がほとんど針葉樹でできていることと関係があるようです。
褐色腐朽菌はどちらかといえば針葉樹材を好む傾向にあるからなのです。
白色腐朽菌も少し見つけられていますが、これらが住宅の土台などの部材で見つけられることは多く
ありません。もっぱらベランダや門柱などのような外構部材に被害を与えているようです。

こちらが、褐色腐朽菌である「ナミダタケ」の被害、北海道や東北でしばしば見受けられるもので、
欧州にも広く分布しています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89images-1

よく見られるもとしては、褐色で床根太に張り付く「イドタケ」、淡い黄色でキノコと白い菌糸が混在

%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%80%e3%82%b1

浴室天井などに張り付く「チョークアナタケ」
1  %e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%af3 %e3%83%81%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%82%b1
いずれの腐朽菌でも、キノコ本体が木材を分解するのではなく、菌糸が木材細胞内に成長し、
酵素を分泌して木材分解、養分としています。
腐朽菌は好気性生物ですので酵素を必要とし、水も必須です。
他の生物と同様に環境温度にも生育が左右され、生育適温が23℃前後の好低温菌、
および30~45℃の好高温に分けることができます。

不腐朽菌の生育には酸素、水、養分、適当な温度が必須でこれらの条件が1つでも欠けなければ
腐朽菌は生育できません。
特殊な場合を除いて、酵素や温度を制御できませんから、水が養分を断つことになります。
『木材腐朽菌』は骨組みを腐らせ住宅そのものを倒壊の危険にさらします。

この具体的な対応が木材を乾燥することです。使用中も乾燥状態を維持しなければなりませんので、
工法を工夫して水を断つ必要があるのです。ただし、外構部材などのように工夫に限界がある場合や、
住宅内部での思わぬ水濡れも考えなければなりません。

しかし『ヒバ』のように耐久性の高い木材を使えば、長期間腐朽菌の攻撃を防ぐことができるのです。
最も湿気が溜まりやすい土台に徹底的に乾燥した『ヒバ』を使用している【夢ハウスSD工法】は、
木材腐朽菌対策として『最適』であるということです。
1475312198085
%e5%9c%9f%e5%8f%b0

ご興味ありましたら、『木育の家』にて、厳選素材の構造材のお話を
聞いて見ませんか。
スタッフ一同お待ちしております。

 

こんにちは。山﨑です。
毎日暑いですが、今日も1日元気で頑張りましょう。
今日は床材に最適な無垢材『赤松』です。
夏はさらさらで素足が気持ち良いですよ。

IMG_1545
IMG_1602
上の写真は弊社の赤松のフローリングの施工例です。

夢ハウスの赤松はロシアの木です。
外材と聞いてどういう印象をお持ちですか?
日本の木でないと何か悪い、安いとかそういう印象はありませんか?

日本で有名な赤松は岩手の赤松ですね。
その有名な岩手の赤松よりも値段が高いのがロシアの『赤松』なんです。
木の価値は樹齢で決まります。
この地図をみてください。
1470534369079

我々が伐採する赤松の木は、ロシアのここ。北緯56度で取れる『赤松』です。
『赤松』は樹齢300年クラスの年輪の細かい木です。
300年たって、木の直径はわずか50cmしかありません。
北緯56度というと、太陽がわずかしか照らない地域です。
太陽が少ししか照らない地域なので、空に向けて真っ直ぐに成長します。
木は人間と同じで、成長が良い木もあれば、悪い木もあります。
成長が悪い木は自然に枯れて、成長の良い木だけが生き残って真っ直ぐに伸びます。

この良い木『赤松』を使って十分に乾燥させます。乾燥して出してきたのが、このサンプルです。
1470534441428
1470534344210
乾燥前、表面についているのが、松のヤニです。琥珀ですね。
この余分なヤニを表面に出す事が出来る乾燥機。
夢ハウス本社工場にある乾燥機、この技術が他メーカーにない技術なんです。
十分に乾燥させる為、30mmの床板を作るのに、42mmもの床板を乾燥するんです。
約6割を削って捨ててしまいます。

乾燥が甘くてもいいよというのであれば、30mmの床板をつくるので33mmもあればできます。
材木屋さんの倉庫で天然乾燥してますよといって削って作ったのを見ても、
見た目の違いは正直わかりません。
でも、違いが出るのは、『施工』してからなんです。。
表面が反ってくる、隙間が開く、ヤニが出る…などいろんなことがおこるんです。

イルクーツク州アンガルスクで原木を製材して、シベリア鉄道に載せて4500km、
日本海側の港町ナホトカから、日本海をロシア船で運んで新潟の夢ハウス工場につけるんです。
原木から買いつけて、製材・乾燥・加工。完全な一貫生産をしています。

1470555312265
上の写真は弊社モデルルーム木育の家の『赤松のフローリング』です。
足ざわりが良く温かみのある『赤松のフローリング』を是非、肌で感じてください。
スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
初めまして、この度ブログデビューさせて頂きますヤマザキです。
これからどうぞよろしくお願い致します。

収納の内部仕上げに最適な『桐』素材について書きたいと思います。

1468636732708

上の写真は弊社モデルルームの玄関収納です。

中を開けると『桐』の棚になっています。

1468637359329
1468636687113
なぜ桐の棚になっているのか?それは、桐材の中には空気の粒がたくさん入っているので、
調湿効果に優れているので湿気を吸い取ってくれますし、靴の嫌~な臭いを消す
脱臭効果もあります。
また『桐』には、「タンニン」というお茶などに含まれている抗菌効果のある成分がある為、
タンニン成分ががんばってくれますのでカビが生えにくいのです。
『桐』ってすごいですね~

だから、桐ダンスは大切な衣類を虫から守ってくれるんですね。
大切な履物も防湿、防虫、脱臭効果に優れている桐棚を使った収納はいかがですか?

木育の家では玄関収納の他にクローゼットの棚も『桐』を使った収納にすることができます。
IMG_1149  IMG_2173
ご興味ありましたら、『木育の家』のモデルルームにお気軽に足を運んで下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

山﨑

 

 

 

 

 

こんにちは

先日平塚へ『コーチパネル』の現場見学会にF様と行ってきました。

『コーチパネル』とは??面材・断熱材・間柱・枠材が一体化した地震に強いパネルの事です。

s20160105185215804                20160128120236965

左側:一般的な両サイドの柱に構造用合板が貼られた写真

右側:柱の両サイドにコーチパネルが取り付けられた写真

工場でパネルが作られる為、現場も端材(ハザイ)が出にくいからとても綺麗です。

IMG_2628   IMG_2629

(F様 とても熱心に説明を聞いております。)

コーチパネルは工場で生産されますが人の手でつくると、どうしても生まれてしまうわずかな誤差があります。

これが耐震性を下げてしまう原因になります。工場でつくる事により設計通りの強さを持った安定した品質のパネル

をつくる事が出来ます。

ご興味ありましたら 『木育の家』にてお話を聞いてみませんか。

スタッフ一同お待ちしております。

野口

 

昨年の夏頃に引き渡しをした海老名のS様

先日 弊社のHP『お客様の声』にご協力頂けるという事でインタビューや撮影を

兼ねて遊びに行ってきました。

再度 お伝えすると 弊社のHP『自慢したくなる施工例』『思わず見上げてしまう天井の高い家』

ご紹介させて貰っている吹抜や勾配天井がある開放感バッチリなお家です。

施工例はこちらです。

https://www.yumehouse-sagamihara.com/work/1099

IMG_0623  IMG_0606

吹抜や勾配天井がある開放感バッチリなお家です。

お住まいになってから夏から秋・冬へと季節も変わりましたが そんな中

嬉しいお言葉を貰いました。

秋の花粉症があるS様ですが 今回は症状が殆ど出なかったようです。

以前 私が集成材の柱のサンプルをお見せした時 スグに反応しくしゃみが

止まらなかったので そんなお話を聞けて安心しました。

やはり自然素材という物は素材によって異なりますが

『呼吸をする』という事なんでしょうか

空気を吸っては吐く・・・これが調湿効果なんです。

静電気も発生しにくくなります。

その為 ほこりも付きにくくなります。

花粉症が和らいだのはこの調湿効果なのかな・・・と思います。

IMG_1383  IMG_1372

そんな素敵なお住まいですが 友人が遊びに来られると夕飯の支度も忘れて

なかなか帰らないのが嬉しい悩みだそうです。

自然素材のお家でご検討でしたら 是非 モデルルームにお越し下さいませ

スタッフ一同 お待ちしております。

野口

 

 

 

 

こんにちは 野口です。

10月に入り 今年も残り 3ヶ月ですね。 うーん早いものです。

以前から 弊社で検討している 地震に強い軸組パネルを取り付け出来るように

打ち合わせを進めてきましたが  なんとか お客様にご検討できる予算で

ご提案できそうです。

とってもこのパネル すばしいのです。  私はホレボレしちゃいました。

もちろん地震に強い事間違いないのですが

工場で断熱材と一体化となって作られ あとは上棟日に取り付けするだけ!!

上棟日の翌日位にはサッシの取り付けも可能なので 現場での工程が短縮できます。

先日横浜の方で上棟した物件がありましたので 見学させて頂きました。(他社の現場です)

コーチ1  コーチ2

工場で作られるので 精度もバッチリ! こちらの現場3cmの隙間にも断熱材が入ってました。

又 壁断熱材は最高クラスの高性能フェノールフォーム断熱材『フェノバボード』です。

地震に強くて 断熱もしっかり なんて嬉しいですよね。

詳しくは『コーチパネル』で検索してみて頂けますか

http://www.ko-chi-panel.jp/feature01_index.html

もちろん弊社にお越し頂ければ スタッフがご説明致します。

是非 遊びにお越し下さい。お待ちしています。

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。