快適な間取りの話

こんにちは^^

今日は昨年完成したアンティークブルーがアクセントのかわいい木のおうちの紹介です。

A様はご夫婦と小さなお子様2人のご家族です。

完成間近のある日、A様ご家族と共にカーテン等の採寸で訪れました。

小さなお子様達が、広いリビングをくつ下もはかずうれしそうに走り回る姿に、

奥様が目を細めながら「早く住みたいね~。待ち遠しいね~。」

とおっしゃっていたのが印象的でした。

 

では順番にご紹介致します。

こちらは玄関。フローリングはココア色を選択。少し赤みがかった茶色です。

家具や建具は白を基調にやわらかな色合いですが、取手や引手をブラックにしたことで

空間が引き締まります。

帰ってきてすぐに手洗いができるように小さな手洗いをつけました。

木のカウンターに白い陶器の洗面ボウルおいて、全体のかわいらしい雰囲気に合わせました。

そして右側に見えるアンティークブルーのドア。

この色がとても気に入ってどうしてもどこかにつけたいと、奥様のこだわり。リビングの引き戸になりました。

 

こちらはリビングの一角。キッチンの正面にあるくつろぎ畳コーナー。

”和”な雰囲気になりがちな畳。正方形で色をグレーにしたり、壁の一面にお気に入りのアンティークブルーを

いれたことで、違和感なく空間に溶け込んでいます。

カウンターもつけました。畳に座ってカウンターでコーヒーを飲んだり、少し大きくなったお子様が、

夕食の準備をするママと会話しながら宿題をしたり。そんな風景が浮かびませんか?

また、畳の下はすべて収納スペース。たっぷりの収納が可能です。

 

 

 

大きな吹き抜けから降り注ぐお日様の光が気持ちよいリビング。

当初、吹き抜けをつけるか悩んでいたA様。冷暖房の効率や、2階のスペースが減ってしまうなど気になることが

ありました。そこで、実際に吹き抜けリビングのあるおうちを見に行き、体感して頂きました。

そして完成した明るく開放感のあるリビングを見た感想は・・・

「つけてよかったーーー」

そのお言葉を頂きホッとしました。私が設計したわけではないのですが^^;

やはり、完成したおうちを見たときに、あぁすれば良かったー、こうすれば良かったーとなるのが一番残念な事だと。

<お客様の意向を取り入れつつ、且つ経験豊富な設計士がよりよいプランをアドバイスをする。>

それが実った瞬間だったのではないかと思いました。

 

 

こちらはキッチン。木目調のカラーに、ブラックの引き手で。

背面には2畳の大きなパントリー。食料庫として、またリビングのごちゃごちゃしがちな物の収納にも

十分な大きさがあります。

 

こちらは洗面ルームに隣接したランドリールーム。洗濯機を置き、天井から物干しを掛けられるように

なっています。お天気が悪い日はこちらに、お天気の良い日は扉からお庭に出て干す事もできます。

これは主婦には嬉しい家事動線ですね。

 

2階主寝室の奥には3.25畳のウォークインクローゼットがあります。

その手前にはこんなスペースが。小さなランプを置いて、ご主人がこちらで本を読んだりするそうです。

壁に囲まれているので何だかとっても集中できそうな空間ですね。

 

その他2階には、かわいいKちゃんとSくんのお部屋があり、それぞれパステルピンクとパステルブルーの

壁紙をアクセントクロスにしました。

 

 

ほんわかなやさしい雰囲気のA様ご家族。

そんなご家族にぴったりなかわいいおうちが出来上がりました。

Kちゃん、Sくん、今日も元気におうちの中を走り回っているでしょうか^^

また、その後どのようにお過ごしかお話できたらなぁと思っております。

 

—takehira—

 

A様邸これまでの関連記事もどうぞ!!

相模原の建築現場です!外壁も出来ています★

相模原市で自然素材の家が上棟です

地鎮祭って必ずやるの?相模原A様邸 地鎮祭を執り行いました

中古戸建を買って新築に建て替え。先日、解体工事が完了しました!

 

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

こんにちは^^

 

前回に引き続き、3世代のご家族がお住まいのH様邸のご紹介です。

 

 

 

無垢の木の階段をあがるとこちらはベランダに出る手前のフリースペースです。

雰囲気のある格子の引き戸の上部にあるはしごの様なこちら。

何だかわかりますか?

『うんてい』です。

お子様の体力作りに、大人は日頃の運動不足に役立ちそうですね。

ちなみに、私も挑戦しましたが、ぶら下がる事で精一杯。。。^^;一歩も前に進めませんでした。。。

こちらは無垢の木にこだわり、熊本の木育工房さんにて作って頂きました。

 

こちらはお父様お母様の居室 兼 寝室で、10畳+2畳分のウォークインクローゼットがあります。

カウンターテーブルやテレビを置くスペース、十分な収納場所も確保し、ゆっくりと静かに過ごせる

空間を作りました。

お部屋の外にはなりますが近くに洗面スペースを設置したので、電気ポットを使えばお部屋でゆったりお茶タイムもできます。

 

お父様お母様のお部屋に繋がる廊下の上部には、元のお家にあった立派な欄間を。

今までのご家族の思い出と、これからの始まる暮らしを見守ってくれることでしょう。

 

とても大きな 『和』 なおうち、いかがでしたでしょうか。

無垢の木をふんだんに使用したH様邸。

弊社自慢の赤松無垢フローリングの色に合わせて全体のインテリアもナチュラルに統一しました。

無垢材の良さがより引き立ち、あたたかな雰囲気のH様ご家族にぴったりなお家だなぁと思います。

H様ご家族の”今まで” と、”これから” をつめ込んだお家。

今まで以上に快適に心地よく過ごしていって頂けると嬉しいなぁと思っています。

 

—takehira—

 

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

H様は7人の大家族です。設計プランを見た時から、そして上棟の時の柱が立ち上がり、組み上がる様子を見ては、大きいなー、広いなーと圧倒されたH様邸。

どんなお家になるのだろうと、とても楽しみにしておりました。

ご家族それぞれのこだわりを取り入れ、ひとりひとりが心地よく暮らすおうちをご紹介します。

 

1階は約24畳の広いリビングキッチンと洗面、バスルーム、ご夫婦の寝室があります。

リビングの一角には間仕切りのない畳スペース。障子から暖かい日差しが注ぎ込み、なんとも心地よい空間が広がっています。

床の間とそれを挟むように天袋、押入れ収納を設置。神棚用の棚もあります。

 

 

リビングの真ん中には直径30cmの杉の大黒柱。吹き抜けに向かって高くそびえ立つ無垢の1本柱は神々しささえ感じます。

 

 

ちょっとした書き物、お子様のリビング学習用にも使えそうなカウンターテーブルを設置し、上部には棚もつけました。

 

 

こちらはキッチン。赤松のナチュラルな木の色に合わせて、木目調のカラーを選びました。

背面には7人分の食器が十分納まるように、天井から床まである大きな食器棚と、使い勝手の良いカウンター収納を。

暗くなりがちな北側なので窓を設置し、インテリアのポイントにもなるように、飾り棚もつけました。

忙しい家事仕事の中、ふとした瞬間に、この棚に飾ったお気に入りの小物を見たときにほっこりする。。。

そんな瞬間も大事なのかなぁと思います。

奥のドアを開けると土間収納となっており、泥が付いた野菜を置いたり、収集日までのゴミ保管場所

にも便利です。

 

 

 

    

こちらはご夫婦の寝室内に作ったご主人の書斎です。

3世代が住むお家なのでやはりプライベートな空間は必要ですね。

たくさんの本や書類が置けるように使い勝手の良い可動棚もつけました。

 

 

天井には羽目板を貼り、間接照明をつけ、癒しの空間となりました。

 

3世帯で住むH様邸。

みんなで賑やかに過ごす共有空間、それぞれが過ごすプライベート空間。

一人ひとりのご希望を取り入れ、バランスよく、家族全員が心地よく過ごせるような間取りになったのではないかなぁと思います。

 

次回は2階をご紹介致します。

お楽しみに!!

 

—takehira—

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^

今日は昨年無事お引渡しが終わりました、相模原市 I 様邸 のご紹介です。

I 様はご夫婦と小さなお子さまが2人のご家族。以前からモクモクパークにあそびにいらっしゃっていたお客様です。

 

設計打合せの初日に、奥様から沢山の具体的なアイデアをまとめた資料を頂き、

それを元にお話が始まりました。

そこにはご家族の生活スケジュールから、各箇所にこんなものを設置したい、好きなもの、イメージ。。。

本当に色々考えた尽くされたアイデアがまとめてありました。

 

特に気にされていたのは小さなお子さまの生活。お肌がデリケートなので、一日の中に、ケアの時間が多くあります。

それを快適に過ごす為の間取りの希望がありました。もちろん、自然素材へのこだわりも。

 

そして、設計時奥様は育児休暇中。その後お仕事に復帰されるということで、今より忙しい日々を仮定しての使いやすさなど。

同じ”小さな子供を持つ働く母”として、ここまで熟考して家造りを考えておられ、本当にすごいなぁ・・・愛がいっぱいだなぁと思いました。

 

ではそのこだわりいっぱいな I 様邸をご紹介していきますね。

 

 

玄関を入るとすぐ左には収納力抜群な土間収納。壁を隔てて可動式の棚。

ちなみにこちらの壁は以前にブログでご紹介した自然塗料のK-PAINTのキレイなブルーを

塗ってアクセントにしています。(その時の模様はこちら)

そしてこのまま廊下を進むと、洗面コーナーとお着替えコーナー、バスルームに続いています。

「ただいま~」の後は、リビングを通らずに、すぐに着替え、またはお風呂に行けるように

というご希望に沿っての配置です。

そしてこちらはバスルームの入口前の脱衣所。

毎日のお洗濯、お掃除の為のスペースです。その為、深いボウルを選びました。

もちろんこちらで顔を洗ったりはを磨いたりはしません。

ご家族の洗面スペースはこちらにあります。↓

 

吹き抜けから太陽の光が降り注ぐ明るいリビング。インテリアの良いアクセントにもなっている雪見障子からも

柔らかな光が入り、本当に明るいんです。

天井は梁を見せる仕様で、木のあたたかい色がも多く目に入ってきます。

とても穏やかな気分で、リラックスできそうな空間になりました。

 

こちらはリビングから見えるキッチンの背面の壁です。濃紺のタイルでアクセントをつけました。

現在はこの前に、無印良品のステンレスの棚を置き、とても使いやすくキッチン道具を配置され、見た目も素敵な空間に

なっているそうです。

その下にチラッと見えるコンセント。コンセントにもこだわり、シルバーのカバーを選びました。

 

こだわり所満載な I 様邸。

まだまだご紹介は続きますが、今日はここまで。。。

次回をお楽しみに☆

—takehira—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

こんにちは!!
すっかり春めき、暖かい季節となりました。
良いお天気が続き、お弁当を持ってピクニック~☆
今週は桜の木の下でお花見する人たちが多そうですね!!

お待たせしました。。。
先日お伝えした相模原市O様邸の第二段です。(第一弾はこちら☆)

 

リビング、水廻りは2階のO様邸。

1階部分は主寝室、子供部屋、広~いウォークインクローゼットがあります。

 

玄関を入り、2階に上がる階段の手前には洗面スペースを設けました。

子供たちが、自分達のお部屋やリビングに入る前に手洗いうがいができるように。

木のカウンターと、真っ白な陶器のボウルで造作しました。味のある珪藻土の壁とあいまって

とてもナチュラルな優しい雰囲気のコーナーになりました。

 

こちらは子供部屋。無垢のフローリングに、無垢のルーバークローゼット扉が自然のあたたかい雰囲気を

演出してくれています。そしてそして!!よーく見ると、クローゼットの中は桐仕上げ!!

桐材のよさは以前にご紹介している通り、防虫防カビに優れ、大切な衣類を守ってくれます。

O様邸のクローゼットはすべて桐材仕上げです。

 

こちらは広~いウォークインクローゼットの奥の収納部分。桐材の大きな棚を腰の高さにつけたことで、

更に収納しやすくなっています。

 

 

床、壁、その他しつらいを自然素材にこだわったO様邸。

もちろん使い勝手を考えた無駄のない間取り。

これだけ整うと、家から出たくなくなる程の心地よさが生まれそうです。

 

奥様がおっしゃっていました。

この家に住んでから、人を招く事が楽しくなったと。

見てみて~と自慢したくなるおうちだと。

 

嬉しいお言葉です。(涙)

これからもそんなおうち造りのお手伝いができるように、

スタッフ一同頑張って参ります^^

 

—takehitra—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は、朝晩だいぶ冷え込んできましたが、日中は秋晴れで清々しい日が続きます。

本日も穏やかな晴天です。

こんな天気の良い日には洗濯物を物干し竿いっぱいに干して、

カラッと乾かし、お布団もふかふかになるとうれしいですね。

洗濯は毎日のことですから、干す場所って、大事です。

b8e3ebdda94592e3705450c1147723d2_t[1]

でも、いつもお日様が顔を出してくれるとは限りません。

雨続きで洗濯物が部屋を占領!

そんなときに限って、雨に濡れたり、泥がはねたり、洗濯物が増えていき、

気分もどんよりしがちです。

なので、家の中にも、洗濯物を干す場所があると便利ですよね。

IMG_2642

こちらの木育のお客さまは、壁付けのワイヤーを室内に設置。

必要なときだけワイヤーを伸ばして干すだけのシンプルで主張しすぎないこちらの商品、

こんなに干してもワイヤーがたわんでいません。

日中外出する時も、南側の窓越しに日が入り、室内でも充分乾きます。おススメです!

また、洗って、干して、乾いたら取り込んで、たたんで、仕舞う。

この一連の流れがスムーズにできて、作業スペースがあれば、もっと便利!

IMG_3570

こちらは、洗濯機の横にアイロン掛けスペースと、奥には収納棚とバルコニーにつながる扉があります。

天井から竿を吊るすことも出来るようになっていますので、天候にかかわらず、鼻歌を歌って作業ができそうです!

木育の家では、紙クロスや、赤松無垢の床など化学製品でコーティングされていない自然素材の材料を使っているため、

調湿効果があり、室内に洗濯物を干しても乾きが早く、生乾きの匂いもあまりしません。

 

日々の生活を楽しく、ストレスフリーな木育の家。

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育の家ショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

関連記事:

2階リビングの最大のメリットをご存知ですか?間取りプランのご提案②

家造りで分からない事は主婦目線の女性設計士のおまかせ下さい。

風 通しには配慮して設計してます。

 

今野

 

 

 

こんばんは

設計の打ち合わせをしていると この近年 変わったなーと思う事があります。

十数年前までは TVの置き場所がリビングの角っこに置けるようコーナー型の家具で対応してましたが

今は薄型のTVなので設計の段階からTVの置き場所を考慮して、窓の位置などにも注意して

間取りを考えています。

では・・・この近年では 掃除機ですね。

充電式の掃除機やロボットクリーナーとしてルンバを持ってる型が多いいので

その置き場所を設計の段階で反映させています。

掃除機が出しっ放しだと誇りがついて、掃除が大変なので

私はクローゼットの中にしまえるように、内部にコンセントをおススメしています。

cimg1622   cimg1624

ルンバがクローゼットの中に入るよう、扉を少し上げて取り付けしています。

下の写真は和の空間で千本格子で取り付けてみました。

img_1838

まさに ルンバの駐車場ですね。

その時代の家電製品に合わせて 間取りも検討です。

設計のご提案がいろいろ出来ると思いますので

新築・リフォームでご検討でしたら 是非 木育の家にお越し下さい。

スタッフ一同 お待ちしております。

メールでお問い合わせはこちらです。

野口

 

 

こんにちは

ちょっと空いてしまいましたが 間取りクラブ 第2回目案です。

今回は2階リビングプランを紹介しますね。

『2階リビングのメリット』は屋根形状に合わせて高い天井が確保できる事!

又 隣に近接して建築しても太陽光が入りやすく明るいお部屋が確保できる事や

道行く人からの視線が守られてプライバシーが保てる事ですかね。

_AAA9677 IMG_2154

その他にも もっともっと2階リビングのメリットを欲張りたいと思います。

せっかくなので 洗面所も2階に移動させるとキッチンとの家事動線がよくなります。

又洗面所からバルコニーに出入り出来るようにして、洗濯物がスグ干せるようにしました。

そして屋根もバルコニーまで延ばして洗濯物が濡れないようにし、

バルコニーは洗濯物を干すエリアとプライベートエリアで空間を分けてみました。

そして最近は分別のゴミが大変ですよね。キッチンからもバルコニーに出入りできるようしたので

ちょっとゴミが溜まっても安心です。

そしてキッチンの横には吹抜を設けました。その吹き抜けは玄関上部になるので

お子さんが帰ってきた様子が伺えます。プランがこちらです。

IMG_2596

こちらが1階プランです。

IMG_2597

2階リビングなら最大のメリットを生かしてアレもコレも欲張りたいですね。

是非 今後の新築の間取りで検討してみて下さい。

新築・リフォームでご検討の際は是非 相模原 自然素材の注文住宅『木育の家』に

お越し下さいね。Goodな提案致します。

お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-091-944

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

こんばんは

家を建てる時に何を最初に皆さん考えますか? 立地・予算・・・などなどありますが

やっぱり間取りを考えますよね。

最近 間取りについての問い合わせがあり 皆さんいろいろ悩んでいらっしゃるんだなーと感じました。

そして私は思いました!!

今までたくさんの間取りを数え切れない程考えてきました 一度でも同じ間取りはありません。

そのプランを今後お家をご検討されてる方に

少しでも参考になれればと思い少しづつではありますがブログでご紹介しようかと思います。

題して『Madori CLUB』 です。さぼらず頑張りますよ!

では早速こちらは南道路ですが道路との接続が7700しかないので車の出いれが限られてしまう土地でした。

図面の赤い線がその個所です。駐車スペースを西側に縦列で配置し建物の形が悪くならないように

考えました。

 

1階-1

こちらのプランは玄関扉を開けると正面が大きな窓ガラスでその窓越には好きな木が植えられるようにし

又、浴室からも眺められるようにしました。風通しも良いし窓から木が見えると季節を感じる事ができますよね。

そして家事動線は楽できるよう洗面所に廊下とキッチン側から出入り出来るようにしました。

1階-2

又 ミセスコーナーもあるので 献立や家計簿などのちょっとしたスペースに便利ですね。

収納も階段下の空間を利用してます。

2階

こちらは2階です。リビングに光が入るように吹抜を設けてますが

吹抜の窓掃除と風が通りやすいようにキャットウォーク(渡り廊下)をつけてます。

又ご主人の書斎と家族共有のパソコンコーナーをつけました。

間取りでお悩みでしたら『木育の家』にお問い合わせ下さい。

いつでもスタッフ一同ご相談にのります。

ご連絡はお電話&メール、どちらもOKですよ

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:contact@yumehouse-sagamihara.com

お待ちしております。

野口

 

 

 

 

 

こんにちは

きっとお家造りを検討されている方 いらっしゃいますよね。

『どんなお家にしよう・・・』 キッチンは? 外観は? 夢は膨らむばかりです。

設計の仕事を十年以上しておりますが 最近の間取りの要望ベスト3をお伝えしますね。

【第1位】 収納がたくさんほしい!

やっぱり そうなりますよね。何がなんでも収納です。でもこの近年変わってきているのは

昔は2~3帖位の納戸がご希望でしたがが、必要なところに必要な物がしまえる収納がほしいに変化しています。

玄関に土間収納(ベビーカーや子供の遊具入れ) 洗面に収納 食品を入れるパントリーなどなど

必要な個所に必要なものがしまえる事は後片付けもラクです。

CIMG0505     CIMG0516

【第2位】 明るいお家にしたい

せっかくお家が出来ても日が入らない暗いお家はイヤですよね。

家族が集まり 何十年も住み続けていくわけですから 明るいお部屋で楽しく過ごしたい

廻りが家に囲まれてる土地や北側道路でも吹抜けや天窓をつければ充分明るくなります。

IMG_0623  IMG_0075

【第3位】 動線の良い家にしたい

これも とっても大事 動線が悪いと苦痛になります。

私はよく回遊式のプランを提案致します。家の中で行き止まりがなく子供がグルグル

走り回れるお家ですね。

でも これも場合によっては壁がなくなる訳ですから 収納が減ったりもします。

そのお客様にあわせてお話をしながら設計を進めてます。

図面-4

設計はとても楽しいです。自分の生活に合わせて常識にとらわれずワクワク感を大切に進めると良いです。

又 家が完成して終わりではなく その後もご自分の趣味やインテリアに合わせて住み続けると

もっと愛着がわきますね。

昨日は 数年前に引渡しをさせて頂いたN様邸にお邪魔させて頂きました。

N様も住み続けながら 生活を楽しんでいるのが伺えました。 完成した時よりもとても良い雰囲気

で私も改めて勉強となりました。思わず長居してしまいます。

IMG_2144

間取りのご提案も一緒にお話しながら 楽しく進めています。

ご新築・リフォームでご検討されてましたら

ご連絡お待ちしております。

野口

 

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。