快適な間取りの話

こんばんは

家を建てる時に何を最初に皆さん考えますか? 立地・予算・・・などなどありますが

やっぱり間取りを考えますよね。

最近 間取りについての問い合わせがあり 皆さんいろいろ悩んでいらっしゃるんだなーと感じました。

そして私は思いました!!

今までたくさんの間取りを数え切れない程考えてきました 一度でも同じ間取りはありません。

そのプランを今後お家をご検討されてる方に

少しでも参考になれればと思い少しづつではありますがブログでご紹介しようかと思います。

題して『Madori CLUB』 です。さぼらず頑張りますよ!

では早速こちらは南道路ですが道路との接続が7700しかないので車の出いれが限られてしまう土地でした。

図面の赤い線がその個所です。駐車スペースを西側に縦列で配置し建物の形が悪くならないように

考えました。

 

1階-1

こちらのプランは玄関扉を開けると正面が大きな窓ガラスでその窓越には好きな木が植えられるようにし

又、浴室からも眺められるようにしました。風通しも良いし窓から木が見えると季節を感じる事ができますよね。

そして家事動線は楽できるよう洗面所に廊下とキッチン側から出入り出来るようにしました。

1階-2

又 ミセスコーナーもあるので 献立や家計簿などのちょっとしたスペースに便利ですね。

収納も階段下の空間を利用してます。

2階

こちらは2階です。リビングに光が入るように吹抜を設けてますが

吹抜の窓掃除と風が通りやすいようにキャットウォーク(渡り廊下)をつけてます。

又ご主人の書斎と家族共有のパソコンコーナーをつけました。

間取りでお悩みでしたら『木育の家』にお問い合わせ下さい。

いつでもスタッフ一同ご相談にのります。

ご連絡はお電話&メール、どちらもOKですよ

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:contact@yumehouse-sagamihara.com

お待ちしております。

野口

 

 

 

 

 

こんにちは

きっとお家造りを検討されている方 いらっしゃいますよね。

『どんなお家にしよう・・・』 キッチンは? 外観は? 夢は膨らむばかりです。

設計の仕事を十年以上しておりますが 最近の間取りの要望ベスト3をお伝えしますね。

【第1位】 収納がたくさんほしい!

やっぱり そうなりますよね。何がなんでも収納です。でもこの近年変わってきているのは

昔は2~3帖位の納戸がご希望でしたがが、必要なところに必要な物がしまえる収納がほしいに変化しています。

玄関に土間収納(ベビーカーや子供の遊具入れ) 洗面に収納 食品を入れるパントリーなどなど

必要な個所に必要なものがしまえる事は後片付けもラクです。

CIMG0505     CIMG0516

【第2位】 明るいお家にしたい

せっかくお家が出来ても日が入らない暗いお家はイヤですよね。

家族が集まり 何十年も住み続けていくわけですから 明るいお部屋で楽しく過ごしたい

廻りが家に囲まれてる土地や北側道路でも吹抜けや天窓をつければ充分明るくなります。

IMG_0623  IMG_0075

【第3位】 動線の良い家にしたい

これも とっても大事 動線が悪いと苦痛になります。

私はよく回遊式のプランを提案致します。家の中で行き止まりがなく子供がグルグル

走り回れるお家ですね。

でも これも場合によっては壁がなくなる訳ですから 収納が減ったりもします。

そのお客様にあわせてお話をしながら設計を進めてます。

図面-4

設計はとても楽しいです。自分の生活に合わせて常識にとらわれずワクワク感を大切に進めると良いです。

又 家が完成して終わりではなく その後もご自分の趣味やインテリアに合わせて住み続けると

もっと愛着がわきますね。

昨日は 数年前に引渡しをさせて頂いたN様邸にお邪魔させて頂きました。

N様も住み続けながら 生活を楽しんでいるのが伺えました。 完成した時よりもとても良い雰囲気

で私も改めて勉強となりました。思わず長居してしまいます。

IMG_2144

間取りのご提案も一緒にお話しながら 楽しく進めています。

ご新築・リフォームでご検討されてましたら

ご連絡お待ちしております。

野口

 

 

 

 

 

こんにちは

今日、事務所のある相模原市はとても過ごしやすい天候でした!

もちろん蒸し暑くはあるのですが、いつもの焼けるような暑さはありませんでしたね。

こんな日が続いてくれればと思うのですが、また暑い日々が続きそうです…

皆様、熱中症には十分気をつけてくださいね(^-^)

 

では、模型についてです。

前回は時間の都合上、小屋裏収納階を省略してしまいましたが、追加作成しましたよ!

こちらです。

IMG_8530  IMG_8529

今回のプランでは主寝室と空間が繋がっている小屋裏収納があります。

階段は固定階段なので、主寝室からの行き来は出来ませんが、小屋裏収納が繋がることで空間が面積以上に広く感じられますし、

小屋裏収納にある窓からの採光も取れるので明るく感じることができると思います。

 

本当はもっと大きな窓にしたいのですが、建築基準法開口面積規制があるので限界ぎりぎりまでの大きさの窓を入れています。

ちなみに小屋裏収納(ロフト)の開口制限とは、小屋裏収納面積の20分の1しか開口を設けてはいけないというものです。

本来は物置なので、居室として扱えないんですよって事なのでしょう(-_-)

最近のお客様の傾向としては、固定階段の割合が多いですね。

やはり荷物を持って、はしごで登るのは大変ですし、危険ですからね。

 

今回追加したのは小屋裏収納だけではありません。1階部分も追加しています!

下はキッチン廻りの写真ですが、今回は吊戸棚付きのセミオープンタイプで対面カウンターがあるキッチンとなっています。

更に、対面カウンターの横には高さの違うカウンターを取り付けています。

ここではPCを使ったり、本を読んだり等、用途に合わせて使えるように約700mm程度の高さになっています。

こういうカウンターはあると使い勝手が良く、とても便利ですよね!

IMG_8536 IMG_8532

下の写真はLDKから和室に繋がる3枚引き違い戸です。

引き込むタイプではないのですが、引き戸を寄せると1間程度の開口部が出来き、LDKと和室の空間が一体化し、広々感じられると思います。

IMG_8538

IMG_8531

上の写真は1階の間取です。

開口部を南側に大きく開けて、隣地境界線から離してあるので1階でもLDKは明るくなるように計画しました。

 

下の写真が南側の写真です。敷地も簡易的に造りました!隣地の離れがわかりやすくなり、位関関係を把握しやすくなりました。

IMG_8540 IMG_8539

そして、前回は無かったバルコニー取り付け後の写真です。

今回のプランのバルコニーは躯体で一緒に造るのではなく、LIXILさんの後付けバルコニーになります。

お客様のご希望なのですが、LIXILさんの商品はデザインも多様なので完成が楽しみですね(^^)

模型のほうは、なんといっても間口が広いので、ボードが反ってしまって大変でしたが、何とかきれいに仕上がってほっとしています。

とりあえず、この模型に関してはひとまず、これで完成です。

これからの打ち合わせでいじることがありましたら、またブログにupしたいと思います。

 

こちらのブログを読んでくださり、ご興味が湧いたという方がいらっしゃいましたら、是非「木育の家」へご連絡ください!

お待ちしています。

こんにちは!

設計アシスタントの新井です!

本日は「木育の家」の女性建築士さんが作成したプランをご紹介いたします!

計画地は北側道路に面していて、間口は約9M、奥行き約15Mの土地です。

 

敷地も40坪以上でなかな広い土地ですね!

では、こちらがプランになります。

図面

 

今回のプランは「回遊」のある間取りです

動線として行き止りをつくらずに、図面上に円を描けるような動線(サーキット)があるものを「回遊」のある間取りといいます。

本来、回遊とは動き回ることを指すのですが、一般にはぐるぐると廻れることも回遊性と使用されます。

下の図面みたいな感じで、八の字にぐるっと廻れる間取りなどです!

図面-4

 

回遊できる動線を作るメリットとしては便利な家事動線を生み出しやすいと言う点です。

時間に終われる日々のなか、短時間で多くの作業をこなすためには少ない動作や移動距離を短くすること大切ですが、

ストレスを感じさせないようにすること大切です!

家事は大抵、並行してこなすことが多く、一連の流れが出来ます。

回遊できる動線ではない間取りだと、いちいち戻る動作が入ってしまい、流れが分断され、ストレスに感じるのではないでしょうか?

特に忙しい朝の時間は家族の皆が動き回っているので、鉢合わせし、廊下で渋滞してしまうとお互いに気分の良いものではないですよね?

その点、回遊できる動線であれば行き止まりが無いので、回避ルートにもなるのです!

 

また、回遊性は空間だけでなく人も伸びやかもしてくれます。

廻れる動線がある家は同じ大きさであっても空間の伸びやかさや広さをより感じることができます!

回遊することで、視界が様々に移り広がり、空間が繋がる意識が働くことによって、より広く感じられるのではないでしょうか(^―^)

そして今回のプランには奥様には嬉しいミセスコーナーもあり、家事や自分の趣味のスペースとしても活用していただけます。

キッチン横にあるので料理をしながら作業することも可能です!

 

では、次は2階の間取りを見てみましょう!

図面-5

開放感のある吹抜と、猫ちゃん用にキャットウォークも設置!

広々W.I.Cもあります!

このプランの良いところは余空間があることだと思います!

通常、廊下は3尺幅でなるべく最低限に収めるところが多いですが、北側は1間幅にし、カウンターを設置!

廊下に多目的スペースとしての機能を持たせました!

ちょっとした作業や読書などライフスタイルに合わせて使用できます。

更に固定階段の小屋裏収納もあり、収納力抜群の間取りです!

 

そして外部にも注目です!

1間幅のバルコニーで広々!

ガーデニング用のテーブルを置いて、天気の良い日にお茶なんて素敵ですね!

 

このような素敵な間取りを相談してくださる方々に提案させていただいています!

是非、新築やリフォームを検討中の方々、「木育の家」までお越しください!

お待ちしております!

こんばんは

『間取り』clubとして今後 過去のプランや現在進行中のプラン などいろんなプランを

紹介していこうかな・・・と思います。

今後 お家をご検討されてる中で少しでも参考になれれば嬉しいです。

 

さて只今 八王子の方で検討されているS様

元々一般的な家相に合わせて間取りは検討したいとの事でしたが、

通常は北東の鬼門 裏鬼門の西南方向 に玄関・トイレ・ガス・流しなどが入らないように

考慮しますが・・・今回はその内容プラス御家族の干支も含めて考えてほしいと言われました。

イノシシ年がご主人  辰年が奥様 寅年がお子さんです。

これは大変・・・う~ん  なかなかその方位を避けてプランを作成するのは難しい

私としてはもちろん 使い勝手や日当たり・風通し 収納も検討したいし・・・・

何度か打ち合わせをして 出来たのがこちらです。

佐藤様家相1

100%完璧にはならずで どうしても亥の方位が北側なので 排水が入ってしまします。

表鬼門にも流しが・・・最終的に奥様とお話をして排水より『火』を気をつけたいとの事

最終的にこちらのプランはWICLに入ってからトイレになってしまうので他のプランとなりました。

 

皆さん こだわりは色々なんですよね。

いろんなその『こだわり』に合わせてプランを作成しますので

是非 弊社 『木育の家』に遊びにいらして下さい。

 

 

 

新年 明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めですが・・・やる事がたくさんあって嬉しいことです。(汗)

去年から土地を検討されているS様 分譲地で整形地。

南西道路になりますが土地の面積がゆとりある42坪もあるので とても余裕があります。

八王子駅からバス18分ですが、バス停から徒歩5~6分となります。

まだ途中ではありますが・・・

玄関開けると正面が大きな窓ガラスで そこからはシンボルツリー 木がみえます。

その木は好きな木を植えてほしいなーと思って考えました。

そして右側には3帖の収納があります。ホールの方にも扉があるのでグルグル廻れるようになっています。IMG_0746

そんな事をいつも妄想しながらプランを考えてます。

野口

こんにちは 野口です。

先日 お越し頂けたお客様が『うちの奥さんは希望(間取り)がなくて・・・・・どうして良いか分からなくて・・・』

そんなお悩みを持ってお越し頂いたお客様

同じ女性の立場ならばいろいろ考えてもらえると思って『木育の家』にお越し頂いたとの事!!

なるほど なるほど

DSCF1967

(↑↑↑ 打ち合わせの様子)

なんだ かんだ言ったって やっぱり家事をやっていないと分からない事はたくさんあります。

主婦はいろいろやる事があるんです!!

そして家事は毎日の事だから 少しでも時間短縮!簡単に!綺麗に!過ごせたら素敵じゃないですかぁ

設計の中で最も大切にしているのは 動線です。動線が悪いと・・・正直めんどうになって適当になて

片付けをやらなくなってしまいますよね。

せっかくの新しい家なのに 片付けしにくい家になってしまわないように

いつもお客様とプランを考えながらシュミレーションをしています。

017

(↑↑↑ こんな便利なものに頼っても良いと思います。自分の時間が取れますからね。)

起床してから 朝食の準備  ゴミ出しや洗濯 子どもを送り出したら片付け・掃除・洗濯物を干したりすると

もうお昼で・・・お昼を食べながら夕飯のメニューを考えたりするんですよね~

買い物などに行って帰ってくると、子どもが学校から帰ってきます。

おやつの準備をしたり・宿題を一緒にみてあげたりしていると もう夕方で

急いで夕飯の準備ですよ。そのあとは又片付けです。

意外と主婦って自分の時間って取れないものなんです。

だから 私は動線の良い家・使い勝手の良い家を造るよう心がけています。そして居心地の良い家を目指しています。

IMG_0349 004

(↑↑↑ 時間が取れると好きな事ができますね)

間取り等でお困りでしたら 『木育の家』までご連絡お待ちしております。

 

 

こんばんは 野口です。

今日は常日頃設計をしていて思う事をつぶやきますね。。。

統計によると、建てられる家の床面積は年々大きくなっているようです。

大都市では地価が高いので狭小住宅と言ってデザイナー住宅として工夫に満ちた住宅もありますが

地方では増大しているようです。

何故なんですかね。。。見栄なのか?予備のお部屋があると安心だからですかね。

大きい家は住んでからが大変。毎日の窓の開け閉めがあります。家は風を通さないとカビ臭くなります。

掃除も大変。使わない部屋はすぐに物置き部屋になってしまいます。

せっかく費用をかけてつくったお部屋が開かずの部屋になってしまうのはもったいない。

家は人が住まなくなると、廃屋になってしまいます。

住んでいれば、窓も開けるし、掃除もする。人が動けば空気も動くわけで住むこと自体が自然に家のメンテナンスに

なっているのかなぁ~と思います。。。

 

3

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑・・・結局人が集まる場所は決まってしまいますよね。。。

私は最近では最低限の必要なお部屋と各部屋ごとにきっちり収納を取る事をお勧めしています。

プランの相談はいつでも自然素材の木育の家にいらして下さい。

 

こんばんは

軒裏って分かりますか?屋根の裏側なんですが・・・・仕上げって皆さん気にされた事ありますか?

一般的には白い塗装が多いいですね。

2d5428829b5c44128197e773601cd8422

爽やかですし建物も明るく見えます。

時折、設計の外壁の打ち合わせの時には黒にする事もあります。

DSCN1904

分かりますか?屋根の裏・2階の床のオーバーハングしている天井裏を黒で仕上げました。

この部分の色を変えるだけでも家のイメージはとても変わります。これが白だったら又イメージが変わりますよね。

この建物は黒にして落ち着いたイメージにしました。

でも一つ注意しなくてはいけない事が軒裏換気です。

軒裏換気とは小屋裏にこもった熱気や排気を排出するシステムの一種です。主にカラーは白なんですが

メーカーによっては黒ももちろんあるので、カラーの指定も忘れずに決めましょう。

塗装だけではなく無垢の板を貼る事ももちろんあります。

007 003

又 イメージが変わりますよね。塗装は外部なので日光や風雨に強い耐候性のある塗装をしてます。

外観は外壁だけではないですよ。是非軒裏の色も考えてみて下さいね。

by:野口

 

こんばんは 野口です。

先日、知人に頼まれプランを作成しました。

場所は相模原市の津久井方面でちょっと高台にある土地を購入していて、その場所で建築したいとの事でした。

実際に現地に行ってみると、とても見晴らしが良く住環境も静かな場所でとても良かったです。

CIMG0260-1 CIMG0261-2

私が提案したのはこちらのプランです。

 001  002

1階のプランは全お部屋が眺められるように配置しました。

玄関を開けると大きな窓から山々が眺められ、キッチン・ダイニング・リビング・和室全てのお部屋から眺められます。

収納も玄関横に1.5帖の土間収納・キッチン横にはパントリー・ダイニングには子供のおもちゃ入る収納・和室にも1.5帖分の収納があります。

003

こちらが2階です。やはり全てのお部屋が山々が眺められるよう配置してます。

階段を上がると第二のリビングとしてプライベートとして寛いだり、趣味のお部屋としてもOK、あとは部屋干しとしてもOK

こんなスペースは主婦としては嬉しいですよね。リビングには干したくないですし、梅雨時や寒い冬には嬉しいスペースです。

そんなご提案をたくさんしております。時折、私は設計士とゆうのは妄想癖が強いのではないかと・・・・思うこの頃です。

是非 住宅をご検討の方は女性の設計士におまかせ下さい。きめ細かく打ち合わせ致します。

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。