現場の状況

暑くもなく、寒くもなく、作業を行うには絶好の天候の日、相模原市H様邸の上棟が行われました。

IMG_2560変更

土台は、樹齢1000年のヒバ材で、柱は杉、梁は米松、木育自慢のオール無垢材!

大きい家ですので、柱や梁となる天然無垢の木材の量も、大量です!

家の写真も1枚に納まりきれません!

IMG_2577変更

1棟の家を造る際、大工さんは基本的にはひとりで作業を行います。

仕上がりを統一できるし、責任も明確になるためです。

でも、上棟の日は1日で屋根まで組み上げますので、仲間の大工さんが大勢助っ人に来てくれます。

それぞれに役割を担い、連携し、助け合って、大仕事を成し遂げるのです。

IMG_2569変更

大工さんたちの横で、現場監督は、縁の下の力持ちです

大工さんたちの作業が捗るように、材料の運び込みや進行の段取り、

全体を見渡しながら、お掃除をしている姿を見て、本当に頭が下がりました。

IMG_6732変更

夕方になると、雲が晴れてきました。屋根の野地板を張っていきます。もう一息です。

IMG_2581変更

H様邸シンボル、直径30cmの杉無垢の丸太が堂々と佇んでいますね。

IMG_2588変更

日が沈み、H様邸は、日中の喧騒が静まり、木の香りが漂っていました。

大工さんたち、1日お疲れさまでした!

H様お父様、お母様、休憩時のお茶など、お気遣いありがとうございました。

 

H様、上棟おめでとうございます。

今野

 

関連記事:

解体現場にて打合せ!建替えだけど思い出は残したい。

解体工事第1弾完了!思い入れのある工房の解体

解体工事完了!35年間の思い出

晴天のもと地鎮祭!相模原市H様邸 建替えを機に同居

 

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育の家ショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

こんにちは^^

 

今日は先日ご紹介した八王子市に完成したE様邸のご紹介の続きです。(その①はこちら)

 

IMG_3486

自慢の無垢赤松の床!!木育の家での床の仕様は基本はすべて無垢材をオススメしています。洗面スペースもトイレもキッチンも。

水廻りに無垢材を使うとお話しすると皆さん最初は心配されますが、無垢材の吸湿性、消臭の効果のお話をすると納得して下さいます。

 

 

⑥

こちらは2階ホールから見える大きな窓と吹き抜け部分。この大きな窓のおかげで、リビングに明るい日差しが降り注ぐのですね!

明るい明るいE様ご家族にぴったりだなぁ・・・と思いながら撮影しました。

 

 

IMG_3488

こちらは主寝室とそこから繋がるウォークインクローゼットです。上部の横に渡る木の部分は間接照明です。

夜寝る前のゆったりとした家族時間。やわらかな光が心地よい眠りに誘ってくれそうです。

 

そしてこの部分、女性設計士ならではの細やかな配慮が隠されているんですよ~

天井の下がった部分に細長い照明器具が設置されているんですが、ここのお掃除、気になりませんか?

普段は掃除機でシューっと吸う程度で大丈夫ですが、やっぱり水拭き掃除もしたいですよね。

でも壁紙は紙クロス。水拭きでゴシゴシはオススメできません。

江藤家間接照明

そこで、照明器具が乗る部分に板を貼り、水拭きできる様になっています。

せっかく選んだ自然素材のおうち。 より”心地よく暮らす” にはお手入れのしやすさも重要ですよね。

経験を積んだプロの女性設計士だからこそのこの配慮に感動しました。

 

 

⑤

こちらは小屋裏の空間。収納にも便利な空間ですが、お子様の秘密基地にも良さそう。

E様はどのように使われているのか、今度聞いてみようと思います^^

 

 

① ④

 

明るいE様ご家族にぴったりなおうちの完成です。

 

いつも思うのですが、完成したおうちはそれぞれそのご家族らしさがすごく出ていて、まるでご家族そのものだなぁと。

それはもちろん注文住宅だからなんですが。そう見えるのはやはり何度何度も重ねる打合せの間に、時にいろんな話をしながらそのご家族を知り、

暮らしを想像して、そこにプロの経験を足しながら創っていく。

それはやはり ”木育の家” だからこそできることではないかなあと思います。

 

心地よく暮らす、丁寧に暮らす、それが叶えられる木育の家。

 

—takehira—

 

 

***関連記事***

E様邸上棟の様子はこちら

E様邸建築中の様子はこちら

E様邸完成間近の様子はこちら

E様邸完成間近ご家族で塗り壁体験の様子はこちら

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり秋めいた陽気の週末、

相模原の自然素材の家では、最後の仕上げの段階に入りまして、

お客様とみんなで一部壁面を

あざやかなブルーに塗りました。

IMG_2452

IMG_2475

木育の家でよく使用するKペイントです。

珪藻土を主成分とし、クロスの上に直接塗ることができます。

水性なので肌や洋服についても洗い落とすことができる、

手軽で扱いやすい塗料です。

珪藻土の持つ多孔質な性質によって、調湿効果や消臭効果、燃えにくいといった特徴を持ち、

化学物質は入っていないため、においも少ないです。

ここは玄関収納なので、雨で濡れた上着の仮置きや、靴の収納などに効果を発揮してくれますね!

IMG_2497

IMG_2481

小さなお子様も、現場監督も、木育スタッフも、お客様も、

真剣に、楽しく塗ることができました。

2度塗りをしてできあがった直後の様子がこちらです。

IMG_2494

とっても爽やかな空間になりました!

 

Kペイント塗りの以前のブログはこちら

・2017年2月27日「自然素材の塗料’Kペイント’を塗って来ました

・2014年10月19日「自分で塗ると愛着があります!!

 

こんな風に楽しく、私たちと一緒に家づくりをしませんか?

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育のショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

今野

 

こんにちは^^

朝晩と秋の気配が感じられるようになってきましたね。

今朝、空を見上げたらいわし雲が。。。

日中はまだ暑いですが、過ごしやすい季節がすぐそこまで!!と思うとウキウキお出かけの予定を立てたくなります^^

 

 

さて、今日は先日お伝えした相模原市南区に完成いたしましたO様邸のご紹介 第二段!!です。

前回は(こちら)勾配天井の広々とした大きなカウンターのあるキッチンリビングをご紹介しました。

今回は水廻りと一階部分をご紹介していきますね。

 

IMG_1809 IMG_1823

こちらは広々と設けた洗面ルーム。真っ白で統一した洗面台と収納。システム洗面台ですが、スッキリとしたデザインなのでインテリア雑貨も映えますね。

上部の収納も奥行きはそんなにないのですが、洗濯機の上までキャビネットを取り付けたので収納力バツグンです!逆に奥行きがない分空間を広く取れるので、より広く感じられます。天井には物干し用の金具を取り付けてあるので、洗濯物を移動することなく室内干しが出来ます。毎日あるお洗濯。この動線や配慮は女性設計士だからこそ気づく点ではないでしょうか。

 

IMG_3174 IMG_1852

こちらは主に使うお手洗い。この広さと造作カウンター。。。羨ましい空間です。マットブラックな信楽焼きの洗面ボウルがとても素敵で、思わずお花をしつらえて写真をとってしまいました。

 

 

IMG_3102 IMG_3108

こちらは1階にあるお部屋にそれぞれ設けた飾り棚と可動棚。

 

IMG_3119

O様邸の建具は床色に合わせてすべてナチュラル色に統一。クローゼットの扉はルーバー(横のあみあみの部分)がついているので、風通しがよく、見た目も良いですよね!

 

o様邸玄関

玄関にも無垢の木のシューズクローゼット。

 

IMG_1849

前回紹介し忘れました。。。こちらはキッチンの背面左に設けた食品収納庫。こちらも可動棚にルーバーつきの扉です。勾配天井の下、半畳程のスペースですが、かなりの収納力がありますね。

 

シンプルに見えますが、O様ご夫婦、女性設計士のこだわりが随所に。

おうちを作るとき、いろんな理想がありますよね。使い勝手はもちろん、見た目も重要で。

一生に一度の大きなお買い物。あれもこれもと欲張りたいところですが、シンプルに仕上げて”住みながら足していける余白”を残して作るのも楽しいのかな。。。と思っています。

建った後も楽しめる。。。それが戸建て住宅のいい所ではないでしょうか。。。

 

O様ご夫婦がどんなものを足してどんな風に暮らしを楽しんでいるのか。。。

普段はお忙しいお二人が、おうちでの休日をゆったり過ごせていたらいいなぁと思います。

 

–takehira–

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!!

今日も蒸し暑い一日でしたね。

そんな中、完成間近O様邸の様子を見に、お邪魔してきました^^

O様邸、自然素材をふんだんに使っています。一歩足を踏み入れた瞬間からそれを感じる空気に感動です。

IMG_2154

IMG_2152

この日はちょうど左官職人さん達が内装の壁を仕上げているところでした。

O様邸は玄関から居室、水廻りまで、すべてが珪藻土仕上げです!!

塗り立てで、まだ乾ききっていないのでグレーっぽく見えますが、真っ白なお色です。

そして左官職人技で、少し模様が入っていてすごく味わいがあります。

いいなあ~、いいな~と終始つぶやきながらの撮影^^

 

間取りもとっても素敵なんですよ~。O様はご夫婦とお子様2人のご家族で、2階リビングの勾配天井、梁が見える仕上げ、広~いロフトつき。

ウォークインクローゼット、土間収納、洗面室も広くて!!

今度は、ここに住みたい~とつぶやきながら、撮影。。。

小幡様邸4 小幡様邸3

小幡様邸1 小幡様邸2

 

↑ちらりとご紹介。また完成しましたら詳細をお伝えしたいと思います!! お楽しみに☆

 

—takehira —

 

 

***関連記事***

O様邸上棟の様子はコチラ!

O様邸電気現場打合せの様子はコチラ!

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

こんにちは!!
暑い日が続きますが皆様体調はいかがでしょうか。。。
ついつい冷たい飲み物ばかり飲んでしまい、そろそろ胃腸が悲鳴を上げそうなのでここ2.3日は朝白湯を飲んでいる竹平です^^;

今日は先日完成いたしました、相模原市南区のO様邸のご紹介です。

O様邸は大通りから一歩入った住宅街にあります。

2階リビングで勾配天井!!とっても明るいおうちです。フローリングは無垢赤松のクリア色、壁紙は和紙クロスを使用しているので、とっても柔らかく温かな印象のおうちとなりました。

 

近江様邸

こちらはダイニングキッチン。とーっても長いカウンターを造作しました。3.5m程あるこのカウンター、何人座れるでしょうか?これだけのスペースがあればダイニングテーブルが必要ありませんね。その分スペースを広々と使えて空間を有効活用できます。

ここでおしゃべりしながらコーヒー飲みたいなぁ^^

 

IMG_3148

キッチン背面にも大きな収納カウンター。可動式の飾り棚。

IMG_3159

キッチン、背面収納共に、フローリングの色に合わせwoodoneのsui:ijiシリーズの無垢板キッチンを選びました。

赤松フローリング材とwoodoneのニュージーパイン材が違和感なくマッチしました。

やっぱり無垢板のキッチンは素敵ですね。

 

 

近江様邸②

リビングは勾配天井なので、かなり開放感があります。

思わず寝転びたくなるのをグッと我慢して写真撮影。。。^^;

 

IMG_3186

こちらはリビングからロフトを見た風景です。

 

近江様邸③

ロフトはご主人の書斎です。リビングを見渡せるので、会話をしながらお仕事できますね。1.5畳程ですが、二段の本棚とカウンターがあり程よく集中できそうなスペースです。

ちなみにこのロフトの下には大きな空間があり、三方に囲まれているので秘密基地のよう。何だか篭りたくなる空間です。実際は収納に使うようですが。。。

 

引越しも終わり、一ヶ月ほど経ちましたが、O様ご夫婦がどんな風に暮らしているのか見てみたいなぁ。。。^^

無垢の木に囲まれたおうちでの暮らしが快適に過ごせているといいなぁ。。。

 

今回はおうちの中心であるリビングキッチンをご紹介しました。

次回は水廻りや1階部分をご紹介します。楽しみにしていてくださいね。

 

—takehira—

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

八王子の花火大会に間に合うよう、

仕上作業が続くG様邸に

インテリアコーディネーターの竹平と、設計の今野の2人で

行って参りました!

IMG_1666 IMG_1164

IMG_1149 IMG_1121

柱を現しとした真壁で、古民家な趣。※真壁については「あともう少しで完成 八王子の花火大会には間に合うように」にてご紹介しています。

太陽が西へ傾いた午後の室内は、大きな窓、小さな窓、様々な位置の窓から光が入り、

和紙クロスがやわらかな光の陰影を描いていました。

どこか懐かしい居心地のよい空間で、

どこもかしこも見どころばかり!です。

IMG_1651

こちらのキッチンに張ってあるレンガ調のタイルは、

「カタログではイメージのものが見当たらない」というG様奥さまのため、

木育スタッフでニッタイのショールームに足を運び、

実物を見て、奥さまのご希望のタイルをいくつか選んできました。

たくさんあるタイルの中からいくつか選んだ中で、奥さまが選ぶであろうタイルを的中!

IMG_1233 IMG_1653

IMG_1676 IMG_1650A

 

他にはこのようなタイルもアクセントとして使われています。

 

仕上りが楽しみでなりません。

 

木育の家では、幾度となく打合せを重ね、雑談を交え、お施主様の好みを想像し、家づくりをしています。

 

お施主様のかけがえのない家を、女性設計士と共に造り上げてみませんか?

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育のショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

今野

 

 

 

昨日、O様立会いの電気の打合せを行いました。

IMG_1343加工済み IMG_1346加工済み

つい先日上棟したばかりですが、外壁はしっかりパネルが組み込まれ、

柱も間柱も施工してあるので、部屋の大きさがイメージしやすくなっていました。

IMG_1302

木育の家では、設計段階でスイッチやコンセント、照明の取付位置などを

念入りにお施主様と打合せを行い図面を作成しますが、必ず現場で最終確認を行います。

IMG_1314加工済み

扉がどのように開いて、部屋に入って、スイッチをつけて、

スイッチの位置、照明の位置、コンセントの位置、とひとつひとつ確認をします。

部屋の壁の詳細がわかる展開図も作成しますが、

図面だけではイメージがつきにくいので、実際の建物で取り付け位置を確認をしていくのです。

思っていたよりも部屋が大きい!とO様おっしゃっていました。

 

おこさま2人の部屋は、後でどちらにするか決めようということになっていましたが、

本日あっけなく「わたしこっちがいい」「うん。いいよ」と決まってしまいました。

とても仲の良い兄弟です。そして、ご夫婦が予想していた通りでした。さすがです!

 

内装はまだまだですが、ほんの少しだけ素敵なLDKの様子をお見せします。

IMG_1339加工済み

小屋裏から見たところですが、この下はLDKで勾配天井になります。

自然素材満載のO様邸、どのように仕上がっていくか、楽しみです。

 

広々勾配天井、いいですね。

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育のショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

今野

 

 

梅雨入りをしたというのに、サンサンと日射しが照りつけるなか、

天然無垢材のO様邸の上棟が行われました。

IMG_3926加工済み

前の道路が狭いのでクレーン車が入れず、手作業で運び上げていきます。

IMG_3916

若い大工さんたちが、連携を取って次々と柱を建てていきます。

IMG_1009加工済み

杉の無垢4寸柱の間に、断熱材が一体となった夢パネルを組み込み、

外壁を囲みます。

IMG_1045

夢パネルは、工場で枠材に断熱性の高い断熱材を6cmの厚みで吹き付けてあります。

一体化したパネルは隙間がなく、熱を逃がしにくいので、省エネルギーですし、

固く重いので、地震などの揺れる力に耐える力も持っています。

 

IMG_1083 IMG_1095

軽々と運んでいるようにみえますが、とっても重たくて、

IMG_1100 IMG_1103

精度の高いパネルのため、柱間に簡単には入りません。

一枚一枚丁寧に組み込んで、

IMG_4053

IMG_4041

窓など開口部以外は、隙間なく、夢パネルで覆われました。

どっしりとした、安心感がありますね。

大工さんたち、大変な作業をお疲れさまでした!

室内も自然素材を多用して仕上がる予定なので、今後もご紹介していきたいと思っています。

 

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育のショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

O様、上棟おめでとうございます。

今野

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

今日は夏のような暑さです。

空は快晴!車の中では汗が吹き出すほどです。

ところが、

八王子のE様邸は、

なんと、涼しい!

IMG_0836加工済

IMG_0795加工済み

風は強く吹いていたのですが、E様邸の窓から窓を通り抜けるように、

清々しい風が通り抜けていました。

休憩時には、大工さんも気持ちよさそうにお家の中で横になっていましたよ。

この暑さの中でも、涼しいので作業も捗っています。

IMG_0754加工済

対面キッチンから見たリビングです。明るく、広々しています。

天井の四角部分は吹抜けになります。今は危ないので板が渡してありますが、

できあがったらどんなに明るくなるんでしょう。早く見てみたいです。

IMG_0876

こちらは、小屋裏に設けた収納部屋です。

なんと、窓が閉まっているというのに、暑くない!!

夏の屋根表面温度は70℃を超えると言われています。屋根に一番近い小屋裏なのに暑くないのは、

IMG_0871加工済

厚い断熱材が吹き付けてあること(屋根面には100mm厚、壁面85mm厚)と、

断熱材の下に通気の層を設けているため、外気の影響を受けにくくなっているのです。

IMG_0845

小屋裏の窓から眺めた空です。足場のパイプが視界を邪魔しますが、

見晴らしがよかったです。

暑い汗はかきませんでしたが、

冷や汗は出ました。はしごをのぼったのです。こわかった。。

IMG_0873加工済

実際は、階段がつきます。

 

作業をしているというのに、整理整頓されて、とてもきれいな現場です。

IMG_0755

きちんとした仕事をしてくれているのが、よくわかります。

 

木育の家に興味をもたれましたら、ぜひ、木育のショールームへ。

ご連絡は下記まで。

フリーダイヤル:0120-091-944

メール:モデルルーム見学予約フォームは こちら 資料請求フォームは こちら

 

今野

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。