自慢の造作

こんにちは^^

 

前回に引き続き、3世代のご家族がお住まいのH様邸のご紹介です。

 

 

 

無垢の木の階段をあがるとこちらはベランダに出る手前のフリースペースです。

雰囲気のある格子の引き戸の上部にあるはしごの様なこちら。

何だかわかりますか?

『うんてい』です。

お子様の体力作りに、大人は日頃の運動不足に役立ちそうですね。

ちなみに、私も挑戦しましたが、ぶら下がる事で精一杯。。。^^;一歩も前に進めませんでした。。。

こちらは無垢の木にこだわり、熊本の木育工房さんにて作って頂きました。

 

こちらはお父様お母様の居室 兼 寝室で、10畳+2畳分のウォークインクローゼットがあります。

カウンターテーブルやテレビを置くスペース、十分な収納場所も確保し、ゆっくりと静かに過ごせる

空間を作りました。

お部屋の外にはなりますが近くに洗面スペースを設置したので、電気ポットを使えばお部屋でゆったりお茶タイムもできます。

 

お父様お母様のお部屋に繋がる廊下の上部には、元のお家にあった立派な欄間を。

今までのご家族の思い出と、これからの始まる暮らしを見守ってくれることでしょう。

 

とても大きな 『和』 なおうち、いかがでしたでしょうか。

無垢の木をふんだんに使用したH様邸。

弊社自慢の赤松無垢フローリングの色に合わせて全体のインテリアもナチュラルに統一しました。

無垢材の良さがより引き立ち、あたたかな雰囲気のH様ご家族にぴったりなお家だなぁと思います。

H様ご家族の”今まで” と、”これから” をつめ込んだお家。

今まで以上に快適に心地よく過ごしていって頂けると嬉しいなぁと思っています。

 

—takehira—

 

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

H様は7人の大家族です。設計プランを見た時から、そして上棟の時の柱が立ち上がり、組み上がる様子を見ては、大きいなー、広いなーと圧倒されたH様邸。

どんなお家になるのだろうと、とても楽しみにしておりました。

ご家族それぞれのこだわりを取り入れ、ひとりひとりが心地よく暮らすおうちをご紹介します。

 

1階は約24畳の広いリビングキッチンと洗面、バスルーム、ご夫婦の寝室があります。

リビングの一角には間仕切りのない畳スペース。障子から暖かい日差しが注ぎ込み、なんとも心地よい空間が広がっています。

床の間とそれを挟むように天袋、押入れ収納を設置。神棚用の棚もあります。

 

 

リビングの真ん中には直径30cmの杉の大黒柱。吹き抜けに向かって高くそびえ立つ無垢の1本柱は神々しささえ感じます。

 

 

ちょっとした書き物、お子様のリビング学習用にも使えそうなカウンターテーブルを設置し、上部には棚もつけました。

 

 

こちらはキッチン。赤松のナチュラルな木の色に合わせて、木目調のカラーを選びました。

背面には7人分の食器が十分納まるように、天井から床まである大きな食器棚と、使い勝手の良いカウンター収納を。

暗くなりがちな北側なので窓を設置し、インテリアのポイントにもなるように、飾り棚もつけました。

忙しい家事仕事の中、ふとした瞬間に、この棚に飾ったお気に入りの小物を見たときにほっこりする。。。

そんな瞬間も大事なのかなぁと思います。

奥のドアを開けると土間収納となっており、泥が付いた野菜を置いたり、収集日までのゴミ保管場所

にも便利です。

 

 

 

    

こちらはご夫婦の寝室内に作ったご主人の書斎です。

3世代が住むお家なのでやはりプライベートな空間は必要ですね。

たくさんの本や書類が置けるように使い勝手の良い可動棚もつけました。

 

 

天井には羽目板を貼り、間接照明をつけ、癒しの空間となりました。

 

3世帯で住むH様邸。

みんなで賑やかに過ごす共有空間、それぞれが過ごすプライベート空間。

一人ひとりのご希望を取り入れ、バランスよく、家族全員が心地よく過ごせるような間取りになったのではないかなぁと思います。

 

次回は2階をご紹介致します。

お楽しみに!!

 

—takehira—

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^

”夏”が来ましたね!! 外はとけそうな程暑いですが、厚さ30mmの無垢赤松フローリングのお陰で、

家の中はとても快適に気持ちよく過ごせている我が家です。

やはり、真夏や真冬といったような気候の時ほど、より赤松フローリングの快適さを感じます。

皆様にもそれを体感して頂きたいっっっ!!!!! こんな時期だからこそ是非!!

木育ショールームにお越し頂きその心地よさを感じてみてはいかがでしょうか。

 

今日は前回ご紹介させて頂いた、I様邸のご紹介②です。

 

こちらはキッチン横にある収納。更に写真右奥にも写っていませんがもう一つオープン収納があります。

スペースがあるので、どーんと大きな収納スペースを取れそうですが、あえて3つ別々に設置しました。

食品収納庫、掃除用具入れ、書類や文房具など細かな物の収納などと用途が違います。

確かに食品とお掃除グッズを同じスペースに仕舞うのは気になりますよね。

これなら安心して使えそうです。

 

こちらはリビングの一角に設置した、パソコンスペース兼、お子さまのリビング学習スペース。

パソコンの配線の為にカウンターには穴が開いていたり、ゴチャっと見えがちな配線が隠れるよう

下部の収納内部にも穴を開け、隠れるようにコンセントと固定電話用のアウトレットも設置してあります。

細かな所ですが、この工夫がすっきり見えるコツですね。

 

 

 

 

2階に上がると、まずは寝室があります。こちらの寝室、廊下側の下に格子のついた小さな引き戸を設置しています。

まだまだ小さなお子様がお昼寝をして起きた時に、一人で出てしまい、誤って階段から落ちないようにドアを閉めておいたとき、

通気が気になるとのことでの設置です。そしてそこからもお子様が出てしまわないように格子をつけました。

心地よい季節の夜は、ドアを閉めてもこちらを開けておけば快適に眠れそうですね。

安全性と快適性を兼ね備えた寝室となりました。

 

 

 

廊下を進んでいくと、突き当たり南側はリビングの吹き抜け上になるのですが、この部分に廊下と格子をつけ

ランドリースペースを設けました。

ほぼ一年中室内干しという I 様。日当たり抜群なこの場所に、室内干し用の見た目もスッキリおしゃれなAir Hoopを

つけました。

 

こちらは3帖あるウォークインクローゼット。大事なお洋服やお布団を守る為に、調湿・防虫効果のある

桐材を壁と天井に貼りました。

I 様邸は、室内壁はすべて珪藻土クロスという、これまた調湿効果に優れた壁紙を使用しています。

 

自然素材に囲まれた I 様邸。

こだわり抜いた間取りと細かな部分の使い勝手、安全性、快適性。

非の打ち所のないこだわりのおうちが完成しました。

 

小さなお子様たちと、共働きでお忙しいご夫婦が、日々安心して過ごせる家。

これから益々こんな需要が多いのかなぁと思いました。

どんなご要望も、こんなの無理かな~と思った時ほど!!是非一度ご相談にいらしてみて下さい。

思い描いたマイホームに近づくように、経験豊富な女性設計士がご相談に乗ります^^

 

—takehira—

 

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^

今日は昨年無事お引渡しが終わりました、相模原市 I 様邸 のご紹介です。

I 様はご夫婦と小さなお子さまが2人のご家族。以前からモクモクパークにあそびにいらっしゃっていたお客様です。

 

設計打合せの初日に、奥様から沢山の具体的なアイデアをまとめた資料を頂き、

それを元にお話が始まりました。

そこにはご家族の生活スケジュールから、各箇所にこんなものを設置したい、好きなもの、イメージ。。。

本当に色々考えた尽くされたアイデアがまとめてありました。

 

特に気にされていたのは小さなお子さまの生活。お肌がデリケートなので、一日の中に、ケアの時間が多くあります。

それを快適に過ごす為の間取りの希望がありました。もちろん、自然素材へのこだわりも。

 

そして、設計時奥様は育児休暇中。その後お仕事に復帰されるということで、今より忙しい日々を仮定しての使いやすさなど。

同じ”小さな子供を持つ働く母”として、ここまで熟考して家造りを考えておられ、本当にすごいなぁ・・・愛がいっぱいだなぁと思いました。

 

ではそのこだわりいっぱいな I 様邸をご紹介していきますね。

 

 

玄関を入るとすぐ左には収納力抜群な土間収納。壁を隔てて可動式の棚。

ちなみにこちらの壁は以前にブログでご紹介した自然塗料のK-PAINTのキレイなブルーを

塗ってアクセントにしています。(その時の模様はこちら)

そしてこのまま廊下を進むと、洗面コーナーとお着替えコーナー、バスルームに続いています。

「ただいま~」の後は、リビングを通らずに、すぐに着替え、またはお風呂に行けるように

というご希望に沿っての配置です。

そしてこちらはバスルームの入口前の脱衣所。

毎日のお洗濯、お掃除の為のスペースです。その為、深いボウルを選びました。

もちろんこちらで顔を洗ったりはを磨いたりはしません。

ご家族の洗面スペースはこちらにあります。↓

 

吹き抜けから太陽の光が降り注ぐ明るいリビング。インテリアの良いアクセントにもなっている雪見障子からも

柔らかな光が入り、本当に明るいんです。

天井は梁を見せる仕様で、木のあたたかい色がも多く目に入ってきます。

とても穏やかな気分で、リラックスできそうな空間になりました。

 

こちらはリビングから見えるキッチンの背面の壁です。濃紺のタイルでアクセントをつけました。

現在はこの前に、無印良品のステンレスの棚を置き、とても使いやすくキッチン道具を配置され、見た目も素敵な空間に

なっているそうです。

その下にチラッと見えるコンセント。コンセントにもこだわり、シルバーのカバーを選びました。

 

こだわり所満載な I 様邸。

まだまだご紹介は続きますが、今日はここまで。。。

次回をお楽しみに☆

—takehira—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

こんにちは!!
すっかり春めき、暖かい季節となりました。
良いお天気が続き、お弁当を持ってピクニック~☆
今週は桜の木の下でお花見する人たちが多そうですね!!

お待たせしました。。。
先日お伝えした相模原市O様邸の第二段です。(第一弾はこちら☆)

 

リビング、水廻りは2階のO様邸。

1階部分は主寝室、子供部屋、広~いウォークインクローゼットがあります。

 

玄関を入り、2階に上がる階段の手前には洗面スペースを設けました。

子供たちが、自分達のお部屋やリビングに入る前に手洗いうがいができるように。

木のカウンターと、真っ白な陶器のボウルで造作しました。味のある珪藻土の壁とあいまって

とてもナチュラルな優しい雰囲気のコーナーになりました。

 

こちらは子供部屋。無垢のフローリングに、無垢のルーバークローゼット扉が自然のあたたかい雰囲気を

演出してくれています。そしてそして!!よーく見ると、クローゼットの中は桐仕上げ!!

桐材のよさは以前にご紹介している通り、防虫防カビに優れ、大切な衣類を守ってくれます。

O様邸のクローゼットはすべて桐材仕上げです。

 

こちらは広~いウォークインクローゼットの奥の収納部分。桐材の大きな棚を腰の高さにつけたことで、

更に収納しやすくなっています。

 

 

床、壁、その他しつらいを自然素材にこだわったO様邸。

もちろん使い勝手を考えた無駄のない間取り。

これだけ整うと、家から出たくなくなる程の心地よさが生まれそうです。

 

奥様がおっしゃっていました。

この家に住んでから、人を招く事が楽しくなったと。

見てみて~と自慢したくなるおうちだと。

 

嬉しいお言葉です。(涙)

これからもそんなおうち造りのお手伝いができるように、

スタッフ一同頑張って参ります^^

 

—takehitra—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^
今日は昨年無事お引渡しが終わりました相模原市O様邸のご紹介です。

O様はご夫婦とお子様2人のご家族です。

実はO様は他社で建てられるご予定でした。すでに契約も済んでいて。。。

設計打合せを重ね最終的に提示された金額と弊社無垢材の家の金額と変わらない事が分かり、

それなら自然素材で建てられる木育の家がいい!!と再度訪ねてきて下さったのです。

それはそれは嬉しかったのを覚えています^^

ただ、それまでお住まいだったマンションの売却日時が決まっていたので、急いで進めなければなりませんでした。

急ピッチで手続きや設計、建築を進め・・・

 

そして完成しました!!自然素材をふんだんに使った木の香り漂う素敵なおうちです。

2階リビング、勾配天井玄関から居室、水廻りまで、すべての壁が珪藻土仕上げなんです。

左官職人技で、少し模様が入っていてすごく味わいがあります。

真っ白な珪藻土の壁と床や梁に使った木の色が優しい雰囲気の空間を作っています。

 

 

リビングからキッチンの方を観た景色。

 

 

キッチンから見たリビング。

 

 

キッチンの上は広~いロフト。

 

 

 

こちらのロフト、収納はもちろん秘密基地にもなりそうなワクワク空間なんです。

もちろんロフトの床も赤松無垢のフローリング。

 

 

そしてリビング奥の扉を開けるとそこははなんとも羨ましい家事室。この奥にはお風呂があるのですが、、、

あれ?洗面台は?

・・・実は洗面台は別の場所に設けてあり、こちらはお洗濯やアイロン専用の家事室となっています。

こちらから直接ベランダにも出れるので、洗濯→干す→取り込む→アイロン とお洗濯に関するストレスが

なくなる女性設計士ならではの主婦目線な設計です。

 

 

こちらが別に設けた洗面スペース。その奥は可動棚収納になっています。やはり収納が多いのは嬉しいですよね。

棚を付けただけの簡単な収納ですが上から下まで余すところ無く有効活用できるので収納力抜群です。

また、後でサイズを測って収納家具を探して・・・(意外と大変ですよね^^;)の手間がなくなります。

ぴったりキレイに収まる収納が最初からあるのは嬉しい設計かな思います。

そして細かいところですが、その棚が15cm程奥まっているのがわかるでしょうか。

この15cmが収納のごちゃごちゃ感を見えにくくする工夫でもあります。

ちょっとしたことで違う見え方や家事動線。経験のある女性設計士だからこそできるの提案かと思います。

 

今回は主に2階リビング部分のご紹介でした。

次回は1階部分のこだわりをご紹介したいと思います^^

お楽しみに☆

 

—takehira—

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

只今 完成見学受付中の相模原の自然素材の家に『うんてい』を設置しました。

昨年 リオオリンピックに出場した競泳選手 池江璃花子さんが幼少の時に『うんてい』を

やられていた事で話題になりましたよね!

『うんてい』は自分の体重を腕で支え、交互に腕をだして体を前進させる運動は、

脳を刺激し知性を伸ばすとても良い方法だそうですよ!!

 

ちなみにこちらの『うんてい』は弊社 無垢の家に合うよう

熊本にある木育工房さんに木製で製作して頂きました。

ご協力頂きありがとうございます。

 

完成見学会は残り 2月17日(土) 2月18日(日)のみとなります。

是非この機会にご予約お待ちしております。

詳しくはこちらをみて下さいね。↓↓↓↓↓

『まずは見てください!相模原にて自然素材の家完成見学会やります。』

 

Noguchi

 

 

先日 久しぶりに実家に行きました。

私の実家は両親と私の姉夫婦 そして子供達3人が賑やかにが住んでいます。

ふと 気がついた事がありまして、いつも『普通』に見ていた光景でしたが

みんなで夕飯を終えた後 姪っ子・甥っ子が『普通』にリビング脇にあるカウンターで

勉強をしていました。

これは自主的???と思いきや 姉が子供達にリビングで勉強するようお願いしたようです。

その理由を聞いてみると・・・

①自分の部屋には興味のあるものがたくさんあって集中できないから!

(漫画など読んでしまうからですね・・・)

②リビングにはTVの音や生活音・会話している声などがたくさんあるから集中力が増す!

(人間は音がないほうが、不自然で反対に集中が出来ないようです。実際に私も

仕事をする時は必ずラジオをつけております)

③東大に合格した人が多い!

(この話は私もTV等で聞いた事があります。)

上記のようなお話はお客様からも『当たり前』のように聞いた事があります。

でも デメリット もあります。

それはリビングが片付かない事ですね。

教科書やら勉強道具・カバンなど放置されると、リビングが散らかる原因です。

その為には勉強が出来る環境 カウンターや棚を設ける事をおススメします。

弊社でもたくさんのお客様が リビングにカウンターを設置しています。

一部ではありますが ご紹介しますね。

IMG_1839-1

こちらは先日ご紹介したばかりの『勾配天井の2階リビングに見晴し台があるお家』です。

リビングから小上がりになった場所に設けたカウンターです。

IMG_3448

少しだけリビングと区切る為に設けた木の格子がステキに仕上がったカウンターです。

こちらのブログも是非見てくださいね。

『完成!通り抜ける風が心地よい、天然無垢で和も洋も似合うおうち。八王子市 E様邸①』

IMG_2623

和な雰囲気に仕上がった畳でのリビングカウンターです。横には本棚を設置

完成写真 『障子と赤松無垢板が調和する家』

IMG_3625

こちらはキッチン近くにカウンターを設置した為、お母さんが料理しながらでも

お子さんと会話が出来そうです。

いろいろ ご紹介しましたが

もちろん 子供の学習コーナーだけではなく ご夫婦のパソコンコーナーとしても使えますからね

これからも たくさんご提案したいと思いますので

是非 ご新築・リフォームでご検討でしたら木育の家にお越し下さいね。

Noguchi

 

 

 

 

 

こんにちは^^

 

今日は先日ご紹介した八王子市に完成したE様邸のご紹介の続きです。(その①はこちら)

 

IMG_3486

自慢の無垢赤松の床!!木育の家での床の仕様は基本はすべて無垢材をオススメしています。洗面スペースもトイレもキッチンも。

水廻りに無垢材を使うとお話しすると皆さん最初は心配されますが、無垢材の吸湿性、消臭の効果のお話をすると納得して下さいます。

 

 

⑥

こちらは2階ホールから見える大きな窓と吹き抜け部分。この大きな窓のおかげで、リビングに明るい日差しが降り注ぐのですね!

明るい明るいE様ご家族にぴったりだなぁ・・・と思いながら撮影しました。

 

 

IMG_3488

こちらは主寝室とそこから繋がるウォークインクローゼットです。上部の横に渡る木の部分は間接照明です。

夜寝る前のゆったりとした家族時間。やわらかな光が心地よい眠りに誘ってくれそうです。

 

そしてこの部分、女性設計士ならではの細やかな配慮が隠されているんですよ~

天井の下がった部分に細長い照明器具が設置されているんですが、ここのお掃除、気になりませんか?

普段は掃除機でシューっと吸う程度で大丈夫ですが、やっぱり水拭き掃除もしたいですよね。

でも壁紙は紙クロス。水拭きでゴシゴシはオススメできません。

江藤家間接照明

そこで、照明器具が乗る部分に板を貼り、水拭きできる様になっています。

せっかく選んだ自然素材のおうち。 より”心地よく暮らす” にはお手入れのしやすさも重要ですよね。

経験を積んだプロの女性設計士だからこそのこの配慮に感動しました。

 

 

⑤

こちらは小屋裏の空間。収納にも便利な空間ですが、お子様の秘密基地にも良さそう。

E様はどのように使われているのか、今度聞いてみようと思います^^

 

 

① ④

 

明るいE様ご家族にぴったりなおうちの完成です。

 

いつも思うのですが、完成したおうちはそれぞれそのご家族らしさがすごく出ていて、まるでご家族そのものだなぁと。

それはもちろん注文住宅だからなんですが。そう見えるのはやはり何度何度も重ねる打合せの間に、時にいろんな話をしながらそのご家族を知り、

暮らしを想像して、そこにプロの経験を足しながら創っていく。

それはやはり ”木育の家” だからこそできることではないかなあと思います。

 

心地よく暮らす、丁寧に暮らす、それが叶えられる木育の家。

 

—takehira—

 

 

***関連記事***

E様邸上棟の様子はこちら

E様邸建築中の様子はこちら

E様邸完成間近の様子はこちら

E様邸完成間近ご家族で塗り壁体験の様子はこちら

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ暑い日もありますが、秋を感じる心地よい風になんだかホッとする季節になりました。

 

今日は、この夏に無事お引渡しが終わりました、八王子市E様邸のご紹介です。

とっても楽しいご夫婦とお母様、3歳になるお子様の4人のご家族。

E様邸は高台にあり、見晴らしがよく、通り抜ける風がとても気持ちいいです。

 

IMG_3445

 

リビングに一歩入ると、とても柔らかい雰囲気を感じます。それは無垢床材のナチュラルなお色と、その色に合わせ統一した造作家具やキッチン、建具。

天井には見せる梁。壁は自然素材の紙クロス。

和と洋が”ちょうどよく”混在できる空間ではないでしょうか。

 

やはり目に入る ”木” が多いと自然と落ちついた気持ちになりますね。

IMG_3451

IMG_3475

そしてリビング中央に設けた吹き抜けからは光がふんだんに降り注ぎます。

 

⑧

こちらはご主人の書斎。リビングの一角に設けたこの空間。光の通る格子にしたことで、家族の気配を感じながらも集中できるスペースとなりました。

またこの格子がインテリアの良いアクセントにも!

3

ご主人のスペースがあるなら奥様も!!と言うことでこちらはママスペース。使い勝手の良いキッチンの横に。

これならお鍋でコトコト煮込んでいる様子を見ながら、お子様の様子を見ながら自分時間を持てますね。いいなぁ~

 

②

とっても素敵なコチラのトイレ。壁は珪藻土の塗り壁です。おうち作りの思い出に、ご家族で塗られました。

今はまだ小さい僕ちゃんが、成長したときこのエピソードを聞いてどんな風に感じてくれるか楽しみです☆

こちらの塗り壁、夜に照明をつけると素敵な陰影を魅せて、まるでどこか素敵な旅館に来たような気分になるんです~!!と奥様がおっしゃってました^^

 

そんな素敵なこだわりがいっぱいのE様邸。

続きはまたその②でご紹介したいと思いますので楽しみにしていて下さいね。

 

—takehira—

 

***関連記事***

E様邸上棟の様子はこちら

E様邸建築中の様子はこちら

E様邸完成間近の様子はこちら

E様邸完成間近ご家族で塗り壁体験の様子はこちら

 

 

 

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫してご相談承っております

住宅購入でお困りのことがあれば、ご相談ください!

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。