設計打ち合わせ状況

こんにちは

突然ですが 『家がほしいなぁ~』と、思ったらどうしますか?

①不動産会社に行く

土地の紹介はしてくれるけど、はたしてその土地で希望の間取りが入るか分りません。

②住宅展示場に行く

間取りだけ先行して、はたしてその間取りで建てられる土地が予算内であるのだろうか

③銀行に行く

借り入れ金額は分かったけど、土地や建物の相談は出来ません。

 

上記の3通りを思い浮かぶかなーと思いますが

それが1箇所にまとまってなんでも相談できたら、時間と手間がはぶけませんか?

木育の家は家を建てるだけではなく、土地探しと一緒に間取りのご提案

資金計算のシュミレーションも対応出来ます。

只今 こちらのお客様にて間取りを何パターンかでご提案中

 

土地探しからももちろん大丈夫!!

新築・リフォームでご検討でしたら、是非『木育の家』でご相談してみませんか?

スタッフ一同お待ちしております。

noguchi

 

 

 

 

 

こんにちは!インテリア担当takehiraです。
今日は、設計打合せ中H様ご家族とキッチンやお風呂など水廻り設備の見学に行って来ました~!
普段はなかなか足を踏み入れることのない住宅設備のショールームなので、皆さんワクワクな感じで来て下さいます^^

今回はTOTOとLIXILに、キッチン、お風呂、トイレを中心に見てきました。

IMG_3897

お風呂好きなご主人が実際に入ってバスタブの入り心地の確認!!

バスタブの形も数種類あるので、実際に入ってみると好みが分かれるんですよ~

IMG_3912 IMG_3952

機能の説明を聞いたり、体感したり。

IMG_3929 IMG_3932

ミニミニサンプル(←これ、よく出来ていてかわいいんです♥)を使い、浴室の

イメージを膨らませます。

たくさんのカラーや模様があるので悩みます。。。

IMG_3945 IMG_3937

主婦にとって、見た目はもちろん、使い勝手やお掃除のしやすさも重要ですよね!

とっても熱心に聞き入る奥様とお母様。

IMG_3942

木育の家では必ず女性設計士とスタッフが同行し、あーでもない、こーでもないと色々お話しながらショールームを回ります。

たまたまこの日はイベントも開催されていたせいかいつもより沢山のお客様がいたのですが、そんな中ご主人が最後に、

「こんな風に、女性が一緒に回ってくれるのは心強いですよね!他の人達(ショールームに来ている他の住宅会社の見学者)はほとんど男の人がついてますもんね。男性では気づかない細かなアドバイスを貰えるのは

助かりますねー」

とおっしゃっていました。

そうです!木育の家では必ず女性設計士、インテリアコーディネーターが同行いたします!!

これは木育ならではかと、思っております^^

 

2箇所回ったので、長い時間の打ち合わせになってしまいましたが、終始和やかな雰囲気で、楽しく打ち合わせが出来たかと思います。

H様、お疲れ様でした!!まだまだ続く設計打ち合わせ。今後も楽しくお家作りをしていきましょう^^

 

—takehira—

 

モデルルーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

最高品質の天然無垢材を使った木造住宅、自然素材住宅の新築・リフォーム。

神奈川県大和市、町田市、相模原市を中心に建築・設計「夢ハウス相模原」

相模原 木育の家

TEL0120-091-944

受付10時~19時 水曜定休

 

 

E様とLixilのショールームに行ってきました。

2月2日にTOTOに行って、今回はLixilです。

やっぱり水廻り商品といえば TOTOとLixilですよね。

最新の設備が並んでるショールームはどのお客様も楽しみの一つです。

IMG_3324   IMG_3328

左側の写真がキッチンの扉やカウンターの色を悩んでいるところ!

たくさんの色があって悩んでしまいますが、そこはビッシッ!!と決める奥様

清潔感あるホワイトにしました。ホワイトにすると弊社自慢の赤松の無垢床材にも映えますね。

そして右側が浴室のパネル選びです。

TOTOでは綺麗なストライプ側でしたが

IMG_3331  IMG_3333

今回は左が曲線を重ねたジュエルピンクと右側がベージュ色のモザイク柄です。

どちらも落ち着いた色でホッと出来そうです。

最終的には両社の見積もりをE様に確認して どちらにするか決めていただきます

どちらも良い仕様なのでホント悩みますけどね。

そして実は昨日もE様と変わらず楽しい打ち合わせをしてましたが

とても嬉しいお言葉頂きました!!

いろんな自然素材住宅会社のHPをみたようですが、一番『木育の家』のHPが分かりやすく

又 『何よりもブログでお家の勉強が出来ました』と ご主人が話してくれました

下小路と私のブログを

最初から全て読んで頂いていた事を昨日はじめて聞かされ驚きました。

とても嬉しくてもう目頭が熱くなりましたよ!!

本当にありがとうございます。

時折 忙しすぎてブログをお休みしてしまいますが 頼りになるスタッフも増えましたので

そちらのブログもこれから投稿しますので是非お願い致します。

新築・リフォームでご検討の際は

家造りが楽しいスタッフがお待ちしておりますので

是非 木の香りがするモデルルームを観てくださいね。

 

 

 

 

3月着工のE様邸は八王子で建築致します。

リビングは光が差し込むように吹抜を設けていて 奥様専用のミセスコーナーや

ご主人の書斎コーナーがあり 家族それぞれのスペースを設けると

みんなが集う場所にも物が溢れることがないので いつも気持ちよく

過ごせると思います。 そんな中順調に設計も進んでいるので

住設機器を見学しに行くことにしました。どのお客様もショール-ム廻りは楽しみのようで

木育の家から一番近いTOTOに訪れました。

IMG_3305-1

TOTOのユニットバスは模型があって 実際のパネルで色あわせができるようになっています

ベースパネル・アクセントパネル そして浴槽の色や床の色など選べるようになっていて

イメージがとてもしやすい。

E様が最終的に選んだのはこちら

IMG_3307-1         IMG_3309

とっても爽やかなイメージで出来上がりました。

アクセントパネルは多色使いでひとつひとつヘリーンボーンを組み合わせたシャープな

ストライプ柄です。

今週末はLIXILに行く予定で同じように 浴室・洗面・トイレを見学しに

いきます。 LIXILの浴室ではどんな柄を選ぶのか楽しみです。

又 そちらもブログにてお知らせしますね。

野口

 

 

 

こんにちは

先日平塚へ『コーチパネル』の現場見学会にF様と行ってきました。

『コーチパネル』とは??面材・断熱材・間柱・枠材が一体化した地震に強いパネルの事です。

s20160105185215804                20160128120236965

左側:一般的な両サイドの柱に構造用合板が貼られた写真

右側:柱の両サイドにコーチパネルが取り付けられた写真

工場でパネルが作られる為、現場も端材(ハザイ)が出にくいからとても綺麗です。

IMG_2628   IMG_2629

(F様 とても熱心に説明を聞いております。)

コーチパネルは工場で生産されますが人の手でつくると、どうしても生まれてしまうわずかな誤差があります。

これが耐震性を下げてしまう原因になります。工場でつくる事により設計通りの強さを持った安定した品質のパネル

をつくる事が出来ます。

ご興味ありましたら 『木育の家』にてお話を聞いてみませんか。

スタッフ一同お待ちしております。

野口

 

茨城の夢ハウス 新モデルルームにお客様と一緒に行ってきました。

大空間の木のお家は開放感たっぷりで木の香りで癒されぱなっしです。

CIMG1653

こちらはキッチン・ダイニング こんな場所で食事できたらなんでも美味しく感じますね。

CIMG1654

こちらはタタミコーナーですが 壁で仕切らず床の仕上げで仕切るのも有りです。

 

CIMG1644

開放感タップリな吹き抜け 明るくて清清しいです。

 

CIMG1647

CIMG1652

こちらは桐に包まれた主寝室です。桐の床材・桐のキャビネット・桐のベット

桐は空気層がたくさん含んでいる為、他の無垢の床材より温かく・調湿性能があります。

CIMG1655

ログハウスを思わせる木を見せた外観はお家に帰りたくなります。

CIMG1651

どうでしたか?夢ハウスの新しいモデルルームは職人さんの技が随所に光っていました。

これから自然素材溢れる 注文住宅をご検討される際には 茨城まで少し遠方ではありますが

御一緒にご案内出来ますので お問い合わせお待ちしております。

ご連絡先は メールorフリーダイヤル どちらもOKです。

メール:contact@yumehouse-sagamihara.com

フリーダイヤル:0120-091-944

野口

ブログがだいぶご無沙汰になってしまいました。(汗)

『木育の家』は明日が年末最後の仕事となり、ちょっと慌ててブログをUPしようと

思った次第です。

年明けに上棟予定のA様 イヤァー非常にインテリア悩みました。

実はちょっと今話題の『男前インテリア』の雰囲気が好きでこの2、3ヶ月いろいろと

打ち合わせをしてきました。フローリングの色や壁に貼る羽目板・そして室内ドアの色・・・

悩んだ時は模型ですかね。名づけて『着せ替え模型』なんて言う物を作ってみました。

IMG_1923   IMG_1925

分かりますか??フローリングやドアの色が変わっているのが・・・イメージ変わりますよね。

IMG_1924  IMG_1926

最終的には ココアカラーになりました。

階段は黒のスチール階段・キッチンの背面壁はブリック貼り・造作洗面もタイルを貼ります。

玄関の一部の壁はグレー色のKペイントを塗っていきます。

あっそうそう 本棚はブラックのパイプで作る予定でしたよね。

出来上がりが楽しみです。

お部屋のインテリアに悩んだ際には模型やカラーパース等でご提案出来ると思いますので

是非 ご新築やリフォームでご検討されてましたら 相模原 自然素材 『木育の家』に

お越し頂ければ幸いです。

野口

こんにちは

11月下旬に横浜にて着工を予定されているA様ご夫妻と TOTOショールームへ打ち合わせに行きました。

今回は浴室とトイレの説明です。

CMでもお馴染みの『ホッからり床』仕様の浴室が弊社標準対応!!

『ホッからり床』とは床が断熱材と一体になっている為 従来よりも温かく すべりにくく乾きやすい商品なんですよ

又 シャワーは『エアinシャワー』で 水に空気が含まれており 通常のシャワーと比較しても35%も節水できるのです。

そして気になる排水口のお掃除!! 排水トラップが全て外れ 開口部も広く凹凸が少ないのでお掃除『ラクラク』です。

阿部様TOTOSR3 全ての部品が外れる→→→阿部様TOTOSR4

さてさて 説明は一通り聞いたところで 浴槽選び 浴槽は全部で三種類あります。

『クレイドル浴槽』・・・ゆりかごみたいな浴槽 お風呂で寝てしまうかも

『ラウンド浴槽』・・・半身浴ができ節水ができる浴槽  読書ができますね。

『スクエア浴槽』・・・シャープな直線 スタイリッシュな浴室空間 うーん素敵ですね。

こんなにあったら迷います。これは妄想して試しに入るしかないですね。

阿部様 TOTOSR1 まずは奥様・・・・・イメージしているのでしょうか???

阿部様TOTOSR2 次は御主人・・・・照れ屋のご主人 顔を隠されました。

阿部様TOTOSR5   阿部様 TOTOSR6

こんな小さな模型で 浴槽・壁・カウンターの色選びが出来ます。

浴槽をブラックで悩んでいるA様。かっこいいのですが カルキの汚れが目だってしまうのです。

こんな感じで ショールームでは商品の説明を聞いて 模型を使いながら色選びして参ります。

弊社 モデルルームも同等の商品の展示がありますので

是非 ご興味ありましたら見にきて下さい。

お待ちしてます。

野口

 

 

 

 

こんにちは

東京都心では気温が35度以上を超え大変な毎日となっておりますね。

そんな中 八王子で建築をされるM様と東京の両国にあるダイコーの照明ショールームに行って参りました。

今回 LDKは18帖あり天井高が2600㎜あり 広々とした空間の中、

内部の壁の仕上げは真壁と言って柱が露出してみえるのですが それだけではなく窓の上部にも窓マグサと呼ばれる約100㎜の

木の梁が見えるのです。

今回はその部分を利用して間接照明をつける予定なんですが文章では分かりづらいと思いますが(完成した時にはブログで紹介します)

簡単にお話をすると和室に使う長押(なげし)をアレンジして上部は間接照明・下部はカーテンBOXにして造ります。

なかなか間接照明と言っても明るさのイメージはしづらいものです。やっぱり実物もみてみない分からないものです。

それが下記の写真

IMG_1421   IMG_1422

間接照明の明るさを確認中!!間接照明だけでも充分明るい事も黙認

IMG_1425  IMG_1424

こちらの照明は温調(おんちょう)と言って明るさをつまみで調整しながら かつ明るさを落としていくとより温かい色の光に変化します。

これがとっても癒される空間になり ゆっくり時間が流れていく感じがしました。

お忙しい御夫婦ですので こんな空間でリビングで寛ぎながら『ボー』っと過ごして頂きたいです。

IMG_1427

他 照明の展示もあり とても参考になりました。

照明の演出の仕方も とても大事!! 設計の中で照明計画も『キッチリ』お話しますよ。

では 自然素材のお家にご興味ありましたら ご連絡お待ちしております。

野口

 

 

 

皆様、こんにちは!

先日、お客様の打ち合わせ用の模型を作成しました。

最近はなかなか忙しく模型を作る機会がありませんでしたが、本計画では1階が「真壁造りで梁や柱、窓マグサなどが露出する壁の造りなので、よりお客様にわかりやすく説明するために50分の1の模型を作ることにしました。

模型はこだわってしまうと時間がかかりすぎてしまう為、今回は時間の都合上、少々簡易的に作らせて頂いてます!

 

まずは外壁から作ります。

下の写真のように立面図を50分の1のサイズで出力し、スチレンボードに貼り付け切り抜きます。

紙との接着時も丁寧に貼らないとシワシワになってしまうので、気をつけて貼ってます。

さらにスチレンボードの扱いは意外に難しく、きれいな切り口にするのにも神経を使います。。。

IMG_8522

 

IMG_8515

全ての面をきれいに切り取り、組み立てます。ようやく、外壁と屋根完成しました!

 

次は内部を作ります。

まずはベースとなる床を造りました!

IMG_8413

そこに下のように展開図を貼り付けた間仕切壁を乗せていきます。

これが一番時間がかかりました。。。

梁や柱に着色し、垂直にきれいに切らないと収まらなくなってしまうので。。。

IMG_8417

はい、これだけでもかなり模型らしいですね!

外壁との調整の為、合わせて見ましょう!

IMG_8415

いい感じです!

2階は「大壁」という、現代の住宅では一番ポピュラーな壁仕上げですね!

柱を隠した壁になります!

ですので、スチレンボードで間仕切り壁を作るだけにとどめました!

IMG_8519

こちらが2階部分です。ここで時間短縮できたので、何とか打ち合わせに間に合いました。

良かったです。。。

今後、2階部分は手直ししていきたいと思いますが、残念ながら今回はここまで!

実はロフトもあるお宅なので、その部分も是非作成したいですね!

 

最後は全てドラフティングテープで仮止めでしただけでしたので、スチのりで接着して完成です!!

IMG_8517 IMG_8518IMG_8514

どうですか?

なかなか上手に出来たと思うのは私だけでしょうか(笑)

ちゃんと屋根も取り外し可能となっています!

お客様も喜んでくださるとよいのですが。。。

今後ブログで、この模型に関しては作成レポートを掲載したいと思いますので、お楽しみに!!

 

こちらのブログをみて、こんな住宅を建てたいなと思われた方!!

是非、「木育の家」までお越しください!ご相談お受けいたします!

お待ちしております!

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。