皆様、こんにちは!

設計アシスタントの新井です(・∀・)

お天気の良い日が続きます!外出日和ですね♪

そんな中、GWに入っている方も多いのではないでしょうか?

木育の家」はGW中も休まず営業しているので、是非足をお運びください!

 

ではでは、本日は建物の要「土台」についてお話していきましょう(゚∀゚)ノ゙

まず、「土台」とは基礎の上に水平に固定される角材のことです!

地面に最も近いため、細菌やシロアリに対抗できないといけません!

昔から日本ではヒバ・ヒノキ・栗が使われてきました。

勿論当社では、天然無垢材のヒバを使用しています!!!

IMG_7836

 

何故ヒバを使用するか?

勿論、それには理由があります!!!

 

ヒバには多く「ヒノキチオール」と言う成分が含まれているからです!

この成分には防虫効果があり、シロアリ、ダニ、ゴキブリなどの害虫を寄せ付けないのです!

それはヒバで建てられた家は3年は害虫が入ってこれないと言われるほどですw(゚ロ゚)w

それほど、強力な防虫効果があるにもかかわらず、人体にまったく無害!

それどころか、リラックス効果まで付いてきますΣd(゚∀゚。)デス!!

 

さらに!

ヒバの木は、他の樹種に比べて驚くほど腐りにくいのです(´∀`)

温暖で多湿な日本の気候条件は、木材腐朽菌にとって好環境!

最近は省エネが叫ばれているので、機密性の高い住宅が多く存在します!

腐朽菌たちにとって、さらに増えやすい環境なのです!

しかしヒバを使用すれば、ヒバの中に含まれるヒノキチオールの殺菌効果により、湿気の多いところでも高い防腐性を発揮してくれます!

そして、消臭・脱臭にもヒバは効果を発揮します!ですので、生ごみ等の悪臭の抑え、爽やかな空気に変えてくれます~(´∀`~)

 

では今度はこちらをご覧ください 。・∀・)ノ゛

IMG_7834

これは大手ハウスメーカーさんや、多くの工務店さんでも使われている土台です。

表面が緑色をしているのがわかりますか?

 

そして、断面に注目です!!\_(o’д’)ノ))

表面に傷をたくさんつけています。

ここから薬品を浸透するのです!!!

こちらが「加圧注入土台」と呼ばれる木材です((φ(・д・。)ホォホォ

表面から浸透させているのは防腐剤ですね。

何故防腐剤をつけるのか?

それは、つまり腐りやすいからです!!

 

よく使われている樹種は、カラマツ、ベイツガという木材です。

この木材は、もともと回転し成長していくので、乾燥するとその木の人生が逆転し、曲がってしまいます(・∀・*)ヘェ~

ですので、乾燥が不十分な状態で薬品に漬け込み、圧力を加えると、乾燥が不十分ですので、すぐに割れてしまうのです!

また、薬品が圧力によって注入できる木材は堅い木材だと思いますか?

勿論、注入することが出来る木材は「やわらかい」木材です!

建物の荷重を基礎に伝える「土台」がやわらかくて良いわけがありません(´- `*)

しっかりと支えてもらわないと!!!

 

どうですか?

上記の話を聞いて、薬剤加圧注入土台を使いたいと思いますか?

薬品まみれの木材が体にもよくないのは明白です!

そこに住まう人の健康も考えた家づくりを提案していきたいものですね(*´ω`)(´ω`*)

 

長々としたお話になってしまいましたが、今回はここまでです!

次回もお楽しみに(^▽°)v

 

 

自然素材で新築・リフォームのご検討は、相模原 木育の家までご相談ください☆

いつでもお待ちしております!

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。