こんにちは!

設計補助の新井です!

本日は木の意外に知られていない性質についてお話させていただきたいと思います!

 

実は「木」は有害な紫外線耳障りな音を吸収してくれる素材なのです!

この「有害な紫外線」を吸収することはあまり知られていないようですが、ご存知でしたでしょうか?

 

人の目が心地よいと感じる反射率は50~60%程度とされています。

木材の反射率は樹種にもよりますが、だいたい50%程度の反射率!

そう!

木材はとても芽に優しい素材だということが数値からよくわかります!

下の写真は弊社の施工例から抜粋させていただきましたが、ご覧ください!

 

IMG_2149

 

優しい光でとても温かみのある空間になっています!

 

木は「有害な紫外線」を吸収し、温かみのある赤外線を反射しています。

ですので、木で囲まれているお部屋はまぶしさが抑えられ、心地の良い空間が演出できるのです!

 

また、木造住宅に住んでいる方から「話し声や音楽が心地よく聞こえる」と言う話を聞きます。

木材をふんだんに使用した木造建築では木の材質が適度に吸音するので、コンクリートなどで作られた住宅よりも残響が無く、音がきれいに響くのです!

それが聞きやすいと感じるのだと思います!

ちなみに優れた音響効果を要するコンサートホールのほとんどが木で建てられています!

それだけの効果を発揮すると言うことなんですね!

 

では今回は意外に知られていない性質についてでした!

また、木についての豆知識をブログにUPしていきたいと思います!

 

自然素材で新築・リフォームのご検討は、相模原 木育の家までご相談ください☆

いつでもお待ちしております!

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。