こんにちは^^

今日は昨年無事お引渡しが終わりました、相模原市 I 様邸 のご紹介です。

I 様はご夫婦と小さなお子さまが2人のご家族。以前からモクモクパークにあそびにいらっしゃっていたお客様です。

 

設計打合せの初日に、奥様から沢山の具体的なアイデアをまとめた資料を頂き、

それを元にお話が始まりました。

そこにはご家族の生活スケジュールから、各箇所にこんなものを設置したい、好きなもの、イメージ。。。

本当に色々考えた尽くされたアイデアがまとめてありました。

 

特に気にされていたのは小さなお子さまの生活。お肌がデリケートなので、一日の中に、ケアの時間が多くあります。

それを快適に過ごす為の間取りの希望がありました。もちろん、自然素材へのこだわりも。

 

そして、設計時奥様は育児休暇中。その後お仕事に復帰されるということで、今より忙しい日々を仮定しての使いやすさなど。

同じ”小さな子供を持つ働く母”として、ここまで熟考して家造りを考えておられ、本当にすごいなぁ・・・愛がいっぱいだなぁと思いました。

 

ではそのこだわりいっぱいな I 様邸をご紹介していきますね。

 

 

玄関を入るとすぐ左には収納力抜群な土間収納。壁を隔てて可動式の棚。

ちなみにこちらの壁は以前にブログでご紹介した自然塗料のK-PAINTのキレイなブルーを

塗ってアクセントにしています。(その時の模様はこちら)

そしてこのまま廊下を進むと、洗面コーナーとお着替えコーナー、バスルームに続いています。

「ただいま~」の後は、リビングを通らずに、すぐに着替え、またはお風呂に行けるように

というご希望に沿っての配置です。

そしてこちらはバスルームの入口前の脱衣所。

毎日のお洗濯、お掃除の為のスペースです。その為、深いボウルを選びました。

もちろんこちらで顔を洗ったりはを磨いたりはしません。

ご家族の洗面スペースはこちらにあります。↓

 

吹き抜けから太陽の光が降り注ぐ明るいリビング。インテリアの良いアクセントにもなっている雪見障子からも

柔らかな光が入り、本当に明るいんです。

天井は梁を見せる仕様で、木のあたたかい色がも多く目に入ってきます。

とても穏やかな気分で、リラックスできそうな空間になりました。

 

こちらはリビングから見えるキッチンの背面の壁です。濃紺のタイルでアクセントをつけました。

現在はこの前に、無印良品のステンレスの棚を置き、とても使いやすくキッチン道具を配置され、見た目も素敵な空間に

なっているそうです。

その下にチラッと見えるコンセント。コンセントにもこだわり、シルバーのカバーを選びました。

 

こだわり所満載な I 様邸。

まだまだご紹介は続きますが、今日はここまで。。。

次回をお楽しみに☆

—takehira—

 

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。