こんにちは^^
今日は昨年無事お引渡しが終わりました相模原市O様邸のご紹介です。

O様はご夫婦とお子様2人のご家族です。

実はO様は他社で建てられるご予定でした。すでに契約も済んでいて。。。

設計打合せを重ね最終的に提示された金額と弊社無垢材の家の金額と変わらない事が分かり、

それなら自然素材で建てられる木育の家がいい!!と再度訪ねてきて下さったのです。

それはそれは嬉しかったのを覚えています^^

ただ、それまでお住まいだったマンションの売却日時が決まっていたので、急いで進めなければなりませんでした。

急ピッチで手続きや設計、建築を進め・・・

 

そして完成しました!!自然素材をふんだんに使った木の香り漂う素敵なおうちです。

2階リビング、勾配天井玄関から居室、水廻りまで、すべての壁が珪藻土仕上げなんです。

左官職人技で、少し模様が入っていてすごく味わいがあります。

真っ白な珪藻土の壁と床や梁に使った木の色が優しい雰囲気の空間を作っています。

 

 

リビングからキッチンの方を観た景色。

 

 

キッチンから見たリビング。

 

 

キッチンの上は広~いロフト。

 

 

 

こちらのロフト、収納はもちろん秘密基地にもなりそうなワクワク空間なんです。

もちろんロフトの床も赤松無垢のフローリング。

 

 

そしてリビング奥の扉を開けるとそこははなんとも羨ましい家事室。この奥にはお風呂があるのですが、、、

あれ?洗面台は?

・・・実は洗面台は別の場所に設けてあり、こちらはお洗濯やアイロン専用の家事室となっています。

こちらから直接ベランダにも出れるので、洗濯→干す→取り込む→アイロン とお洗濯に関するストレスが

なくなる女性設計士ならではの主婦目線な設計です。

 

 

こちらが別に設けた洗面スペース。その奥は可動棚収納になっています。やはり収納が多いのは嬉しいですよね。

棚を付けただけの簡単な収納ですが上から下まで余すところ無く有効活用できるので収納力抜群です。

また、後でサイズを測って収納家具を探して・・・(意外と大変ですよね^^;)の手間がなくなります。

ぴったりキレイに収まる収納が最初からあるのは嬉しい設計かな思います。

そして細かいところですが、その棚が15cm程奥まっているのがわかるでしょうか。

この15cmが収納のごちゃごちゃ感を見えにくくする工夫でもあります。

ちょっとしたことで違う見え方や家事動線。経験のある女性設計士だからこそできるの提案かと思います。

 

今回は主に2階リビング部分のご紹介でした。

次回は1階部分のこだわりをご紹介したいと思います^^

お楽しみに☆

 

—takehira—

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。