こんにちは^^

 

世の中が騒がしく、落ち着かない日々ですね。。。今日からしばらくはお家で過ごす

という方も多いのではないでしょうか。

改めて思うのは、やっぱり ”お家” は家族一人ひとりが心落ち着く、穏やかに過ごせる場所であることが

一番だなあということです。

木育の家では今までもこれからもそんなお家を作っていきたいと思っています。

 

さて、今日は先日完成した ストーブと土間のある こだわり満載のY様邸のご紹介です。

Y様はご夫婦と小さなお子様の3人ご家族。

八王子の静かな住宅街に建築しました。

赤松無垢のフローリングと、ドアや引き戸は素材のままのクリア色。

壁は 『呼吸する壁紙 エコフリース*』 のフレンチグレーを使用しました。

*(壁紙でありながら塗り壁のような表情で、見た目と機能性を兼ね備えた優れた壁紙なのです。)

 

ではまずは1階からのご紹介です。

 

玄関を入るとまず土間があり、その先にはペレットストーブ。

玄関と土間との間にあえて仕切りをつけずに、より空間が広く見えるようになっています。

 

 

最初に目に飛び込んでくるのは存在感のある杉の無垢板の大きなテーブルでしょうか。

こちらはY様ご家族と、静岡は掛川にある材木屋さんまで出向き、選んできました。

チャコールグレーのこれまた素敵なキッチンに繋げて。

 

そしてこだわりのキッチン。

木育初登場のキッチンハウスのキッチン。

シンプルで洗練されたデザインのキッチンはただただかっこいい!!

細長いスリットのように設置した窓も良いアクセントになっています。

  

 

 

こちらは洗面コーナーとバスルーム。

かっこいいダークトーンのスクエアタイルを貼り、シンプルで無駄のないデザインの洗面台と木のカウンターを

合わせて造作しました。

 

そしてホテルライクなこちらのバスルーム。

なんとガラス張りの扉なのです。

中はほぼ木育の標準仕様のバスルームなのですが、扉をガラスに替えるだけでこんなに

イメージが違うとは、新発見でした。

でも、入っているときに中が丸見え!? 恥ずかし~><!!とならないように、

洗面室とお風呂入口の間には、木製の扉をつけ、脱衣専用の空間があるのでご安心を。。。

 

その他、1階にはリビングから繋がる5.5畳の客間と、日当たりの良い4畳のランドリー専用ルームがあります。

ランドリールームの仕切りは千本格子の引き戸で、来客のときも素敵に洗濯物を隠せます。

 

細かいところまで、こだわり選んだY様邸。

まだまだ見所はたくさんです。

それはまた次回に☆

 

皆さま、体調には十分気を付けて、何とか乗り切りましょう!!

 

—Takehira—

 

Y様邸 これまでの記録***

・地鎮祭、上棟の様子はこちら

・進捗①はこちら

・進捗②はこちら

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。