こんにちは^^

朝晩とだいぶ過ごしやすくなり、窓を開けると心地よい風が通り抜けるようになりました。

昼間はまだまだ暑い日が続くようなので、体調には気をつけたいですね。

 

今日は完成いたしましたT様邸をご紹介致します♪

T様はご夫婦と小さなお子様2人、子育て真っ最中なご家族です。

大きなお家が良いと言う事で、一部屋一部屋がゆとりある間取りとなりました。

無垢の赤松床材はクリア色。ベースの壁紙はホワイトで統一。より広く、スッキリとした印象です。

 

こちらはLDK。繋がりに作った客間の仕切引き戸を開けると、なんと!!約26畳もあります。

 

まだまだ目が離せない年齢のお子様たち。

キッチンからフロア全体を見渡せるようになっています。

キッチン上の吊り戸収納をなくして視界をスッキリ。

お子様たちもママやパパが見えるところで遊びたいお年頃。

いつでもお互いの姿が見えて、一緒にいられる空間で安心ですね。

 

リビング南側は大きな窓にしたので、お庭で遊ぶお子様の姿も家事をしながら見守れます。

 

キッチンとリビングの間の天井部分は吹き抜けになっています。

空間の広がりと共に、さらに明るく、気分も上がります。

きっと昼間はほぼ照明は必要ないのではないでしょうか^^

 

 

 

 

キッチン、浴室はダークトーンなお色でシックに。

 

こちらはT様こだわりのニッチ。上部の長い棚、4つに並んだニッチ。

なぜ1ヵ所にこんなにたくさんあるかと言うと???

お子様の写真や作品をたくさん並べたいのだそう。

なんとも心温まるスペースの出来上がりです。

 

 

ニッチの向かいの階段をあがって2階へ。

2階には、これまた広い主寝室+ウォークイン、6畳ずつの子供部屋、

ご主人の書斎とご主人専用?!のこだわり間接照明付トイレがあります。

篭れる空間・・・

落ち着く空間・・・

わかります、私も狭いところ大好きです^^

 

いかがでしたでしょうか。

シンプルな中にもこだわりポイントはおさえて、

広く、すっきりとしたお家が出来上がりました。

 

打ち合わせ中、まだすやすやとお昼寝をしている事が多かったお嬢様も、

そろそろ歩き始めて、ますます目が離せないですね。

そんなかわいいお子様達が無垢の床を裸足で走り回ったり、ゴロゴロ寝転びながらお絵かきをしたり。

そんな風に安心して過ごせるお家になったでしょうか。

 

また、住み心地を聞きにうかがいたいと思います。

T様、ご新築おめでとうございます。

 

—takehira—

 

T様邸 これまでの記録***

・地鎮祭、上棟の様子はこちら

・進捗はこちら

 

女性設計士のいる木育の家  おうちの事なら何でもご相談承ります。

お困りのことがあればお気軽にご相談下さい^^

土地探しから建物設計、外構工事、引き渡し後のアフターメンテナンス迄、一貫して承っております

 

ショールーム見学予約はこちら 資料請求はこちら

 

 

 

 

 

 

アーカイブ
このブログについて

自然素材の家を建てる「木育の家」(もくいくのいえ)の女性設計士が、住みやすい家づくりのヒントをお届けします。