H2 メニュー

トップ>お客様の声> お客様インタビュー
歳月とともに変化していく姿を楽しめる、本当に“良い家”を手に入れることができました。

◆『木育の家』を知ったきっかけを教えてください。

家を建てたい!と思ってからまず何をしたらよいか、全くわかりませんでした。とりあえず住宅展示場に行ってみたり、気になる住宅会社に足を運んでみたり。しかし、どこもこれだという決め手がなく、途方に暮れておりました。

“家づくり”にはまず何をしたらよいのか、何を考えたらよいのか、という事の前に家の性能や説明が先で、私たちが抱く不安を汲み取ってくれる会社がなかったからです。

それからしばらく経ったある日、主人がふと検索で『木育の家』のHPを見つけました。『木育の家』という名前から受ける、何だか温かくやさしいイメージと、施工例を見て、話だけ聞きに行こうという所から始まりました。

◆家を建てようと思った時、どんな不安がありましたか?

“家を建てる”ことについて、やはり一番心配だったのは資金のこと。私たちが家を持つ事が出来るのだろうか、ローンを払っていく事が出来るのだろうか、そもそも家を持つのにいくら必要なのか、様々な疑問や心配事がありました。
そんな不安をわかっていたかのように、まずその部分について寄り添ってお話をしてくださったのが下小路さんだったのです。

◆なぜ『木育の家』で建てようと決めたのでしょうか?

安心して家づくりを任せられる“下小路さん”と、女性の設計士“野口さん”に出逢ったことです。

土地から探す必要のあった私たちに、土地探しのコツや仕組みから、きっとパソコンを叩けばわかるであろう事も丁寧に教えて頂きました。わからないことが多すぎて、きっと質問もあちらこちら飛んでいたと思いますが、ひとつひとつ、どんな小さな事も丁寧に教えて頂きました。

そんな“家を建てる”ことについてお話をしているうちに「この方なら、この会社なら安心してすべてを任せられる!!」と思い、我が家の家造りをお願いする事にしました。

◆土地探しのポイントを教えてください。

土地探しも非常にスムーズでした。希望を伝えた後は、5箇所ほどに絞って頂き、見学をしに。私達の希望であった、静かな住宅街にある、見晴らしの良い土地に決めました。
バス停が近いのも、出張が多い主人の希望と、将来の子供達の通学を考え選んだポイントです。

◆家造りの過程で印象に残っていることを教えてください。

“家”について、私たちは細かなこだわりが沢山ありました。主人は安心な構造設計、間取りであること、私はインテリア。最初に野口さんに伝えた事は、「私、すんご~く細かいのですが、大丈夫ですか?」という事です。
他の住宅会社は、設計のし直しの回数が決められている事がほとんどでした。それ以上は有料など。

しかし、野口さんは「何度でも納得いくまで一緒に考えます」とおっしゃってくださいました。そしてそのとおり、何度もの長い打ち合わせに嫌な顔をせず、最後まで付き合ってくださいました。もちろん資金面で叶わない面もありましたが、私たちの希望を一度受け入れ、そしてそれにかかる金額を明瞭に提示してくださったので、それを選択する否かはすべて自分たちで決められました。

例えば、今までにない床色や、価格を抑えながらのオーダーのシステムキッチン。床色に関してはなかなか希望に合ったものが見つからず、色んなメーカーの塗料を取り寄せては試し塗りを繰り返しして頂きました。

他にも、女性の設計士さんという事でとても話し易く、主婦ならではの細かな家事のストレスを共感してくださり、それに対する相談はもちろんの事、提案もたくさんして頂きました。

例えば、お掃除のしやすい工夫、私が見た目だけで『階段部分の窓は大きく高めがいい』と言う希望に対して「あまり高くしすぎると窓拭きができなくなってしまうので、ギリギリ手が届く高さにしましょうか」と。経験豊富だからこその提案だなあと思いました。

私がこだわっていた“見た目”に対しても、スイッチの位置ひとつひとつ、24時間換気の位置までも「ここに枠が入るけど大丈夫ですか?こちらに移動したほうがスッキリしますね」と説明しながら確認していただきました。

打ち合わせは、第一回目から最終回まで、下小路さんと野口さんがしてくださる事、これは他社との大きな違いだと思います。

他社の話を聞くと、打ち合わせの度に担当者が違ったり、希望が伝わっていなかったり。その点、『木育の家』ではとてもスムーズに進み、心強かったです。

小さな子供を連れての長い打ち合わせ、最初は不安でしたが、木育の家には“モクモクパーク”という屋内公園があり、そこで子供達を遊ばせてくれたり、子供達が飽きないようにお散歩をしたり、一緒におやつを食べたり、お昼寝をさせてくれたり、時にはオムツ替えも。
子供達もスタッフの“まみおねえさん”が大好き。わざわざ“まみおねえさん”に会う為にパークに来る程なんですよ。

◆自然素材で建築しようと思われた理由はなんでしょうか?

実は当初は“自然素材”にはそこまでこだわっていませんでした。夫婦ともども、“無垢”をハッキリ認識していなかったのです。

しかし、モデルルームに入った瞬間から感じた木のぬくもり、足で踏んだときのやわらかさ、温かさにとても感動しました。当時は鉄筋のよくあるアパートに住んでいたので、自然素材の床や壁はこんなにも違うのか!!と、本当に驚きました。木が呼吸しているのがわかる位空気の違いを感じて「ここなら気持ちよく暮らせる!!子供たちにとっても良い環境で育てられそう!!」と思ったのです。子供達も靴下を脱いで、「気持ち良いね~」と走り回っていました。

◆実際の住み心地はいかがでしょうか。

初秋から住み始めて半年経ちました。

断熱材と、無垢フローリングのおかげでうだるような暑さの中でも、家の中は快適に感じられる温度で本当に驚いています。
実は最初「ちょっと寒いかも……」と思っていました。見た目を重視して、南側の窓を小さくしたのも理由のひとつではあるのですが。その事を下小路さんに伝えると、一度家全体を暖房器具で暖めてみてください!と。そのとおり、一度温めると、その蓄熱の高さはバツグンでした。

家を建てている時に、大工さんが「この断熱材はすごいよ!真夏でもクーラーなしでお昼寝できるくらいだし、冬は熱を逃がさないよ」と教えてくれたことが本当だったなあと実感しています。

3㎝厚の無垢の赤松のフローリングは本当に温かく、真冬の朝でもスリッパなしでも過ごせる程です。子供たちもほぼ裸足で走り回っています。物を落としたり、おもちゃで遊んだりして、キズがつきやすい素材ではありますが、その分肌ざわりは優しく、毎日木に包まれている安心感があります。

これからこの木と一緒に過ごしていくんだなぁと思うと、床板一枚も愛おしく感じます。
これから春、夏とどんな風に感じるのか、それもまた楽しみでもあります。

◆周りの反応はいかがでしょうか?

私が一番こだわったステンレスと黒のキッチンは、訪ねてくれた友人達からまず最初に「写真とっていい?」と聞かれます。主人は夢だった自分の書斎を案内するときはとても嬉しそうです。
そして最後まで色にこだわった無垢のフローリングは必ず「味わいがあって素敵だね!」と皆に言ってもらえます。

◆これから家を建てようとご検討中の方にメッセージをお願いします。

無垢の木の家と聞くと、最初はきっと、高いだろうなあ……お手入れが大変だろうなあ……と思ってしまうと思いますが、決してそんなことはありません。

“見た目”にもこだわり、木のぬくもりを雰囲気でも肌でも感じられる木の家。こんな“良い家”を手に入れることができたのは、とことん寄り添って色々な事を考えてくださった下小路さんと野口さんのお陰だと思っています。

住めば住むほど、良い家だなぁと感じています。安心な家造りができる『木育の家』に出逢えて本当に良かったです。

営業担当・下小路からひと言

弊社スタッフから「買い物袋持ったお客さんから、モデル見学予約がありました」買い物途中でフラット立ち寄っていただいた所から、お付合いが、スタートいたしました。
土地探しからスタートだったのですが、ご夫婦ともに、こちらが説明させていただいた事をすぐに理解していただき、割と早く土地が決まりました。
設計の打合せも立ち合わせていただいたのですが、弊社設計士の説明もすぐ理解して、大変興味をもたれながら、特に奥様は、「ここはこうしても大丈夫ですか。」「こういう感じで、こうなって・・・・」など、とても楽しんでくださいました。
完成が近づき、奥様がこだわっておりましたフローリング塗装を、弊社の標準仕様ではない、ダークグレーの塗料のサンプルをいくつも確認いただき、その中で一番理想に近い塗料を弊社スタッフとT様ご家族で、施工させていただきました。
ご自身たちの手で施工したのもなので、より愛着の沸くお家となったのではないでしょうか。

設計担当・野口からひと言

設計が始まる最初の奥様のセリフ今でも覚えています。
『私、すんごーく細かいのです!!』と言ってました。
私は可愛らしい奥様だなーと、感じながらも楽しい設計打ち合わせが出来そうだなーと感じました。
ご主人は出張が多く打ち合わせはほぼ奥様と二人きりで進めていきましたが、私も仕事上細かい部分があり、設計としての納まりなど奥様に説明をすると直ぐに理解して頂き意気投合出来たと思います。
奥様はとてもハイセンスでインテリアや外観の打ち合わせは私にとっても木育の今までの内装とは真逆でとても新鮮で、楽しく打ち合わせをする事が出来ました。
たくさんいろんな箇所に拘りながら打ち合わせは進めて参りました。

造作の洗面化粧台は一般のメーカー品の化粧台と比べると部品を一つずつ購入し、現場で職人さんが作るのと比べると、どうしてもコストはあがってしまいます。
予算を優先して決めていくと、汚れが目立つ材質だったりカタログだけでは感じ取れない色や水栓の形状、商品選びに妥協したくなかったので何度も検討しショールームに行って商品を確認しながら決めました。

キッチンは引き渡したお客様のご自宅を訪れ参考にさせて貰ったり、ショールームもたくさん廻りました。結果タカラスタンダードで特別にオリジナルで対応して貰いました。
今ではご縁があり木育のインテリアコーディネーターとして一緒に働いて貰ってます。

T様 神奈川県相模原市
  • H2 メニュー
  • H2 メニュー
H2 メニュー
スタッフ紹介
H2 メニュー
H2 メニュー
モクモクパーク